子どもの好きを応援すること

SNSフォローボタン

小学2年生の息子

3月生まれの早生まれ。

おしゃべり大好きで

伝記が好きで

戦国武将が好きで

徳川家康ラブで

なんと、防災好き。笑


(そしてメロンソーダの炭酸にやられるタイプ)

どれくらい好きかというと

町内会の掲示板に貼られている

「備えていますか?」的なポスターを

食い入るように隅から隅まで読むくらい好き。

公園に設置されてる

「災害用備品庫」を見つけると

人の話を遮ってまで

興奮気味に教えてくれるくらい好き。

我が家の納戸に

災害非難用の防災バックがあると知ると

満面の笑みで嬉しそうにするくらい好き。

笑笑笑

っていうか、防災好きって何よw

(そんな好きのカテゴリー初めて聞いた)

そんな息子を連れて

夏休みということもあり

兼ねてから存在は知っていた

「池袋防災館」へ行ってきました。


(いざ出陣じゃ)

消防署の中にある施設で

消化器で火を消したり

煙の中を非難する体験ができます。

防災大好きな息子は

入る前からテンション高い!

そして案の定めちゃくちゃ楽しんでる!!!

他の参加者の誰よりもノリノリで

リアクションも大きく

質問には空く声を出して答える!!!

めっちゃ模範的な参加者していました

(いいぞ、そのまま行けw)

最後に地震体験

小学生は震度6弱

東日本大震災で

東京は震度5強だったそうなので

それよりも強い揺れ。

小さな身体が

飛ばされそうにいなるくらい大きく揺れて

見ている私まで怖い。

終わった後息子は

心臓がドキドキして怖かったと。


(入り口に展示していた地震用のあれこれに釘付け)

大人は東日本大震災と同じ震度7を体験

頭を抱えて小さく丸まっていても

吹き飛ばされそうになって耐えるのがやっとなほど。

実際はこれに

落ちる音、割れる音、悲鳴や泣き声

どれほどの恐怖だったのか。

札幌にいた頃

被災地から自主避難をしてくる方と

沢山関わらせていただきました。

彼女たちが語ってくれたあの日の話

涙を流しながら、ひとつひとつ言葉にしていく姿

瞳の奥に輝く力強い生きる覚悟。

私は彼女たちとの出会いで

生きるとは何か、その覚悟を教えてもらいました。

彼らとの出逢いから私の人生は大きく変化したのです。

今回、彼女たちの語りが

この大きな揺れの体験と繋がって

どれほど大変な思いをして

北海道へと移り住んできたのか

改めて考えさせられました。

防災好きな息子のおかげで

とても貴重な体験をさせてもらいました。

息子は帰りの電車の中でも

防災のパンフレットを読み

帰宅後はチェックシートを見ながら

もしもの時のシュミレーションをしていましたよ。

いきなりやってくる天災

備えることはもちろん大切だけど

今回のように「あらかじめ体験する」ことで

心の準備が前よりももっとできたなぁて思います。

本当、「百聞は一見に如かず」

知識と体験は全然違う!

今回は閉館間際でゆっくり見て回れなかったので

夏休みの間にまた訪問してみようと思います。

地震体験の動画は

インスタのリールにアップしています

ぜひ見てみてね!

さて、私はというと

震度7の揺れを体験した時

普通に叫んだのは私だけだったと思う。。。

(地震はこの世で一番怖い)

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加