夫の愛が重い

SNSフォローボタン

==================

私のことが大好きなのはわかる

とても大切にしてくれていることも

でも、その愛が

とても重いと感じてしまう自分がいるんだ。

==================

こんにちは

長女専門たいわ士

古瀬郁江です。

夫婦の形というのは

実に千差万別で

お悩みの内容も

100組いれば100通り。

夫が外に女を作り悩む女性がいたと思えば

夫の愛情が重すぎると悩む女性もいる。

私は結婚していた当時

年月が経てば経つほど

まさに夫の愛が重いと感じていた。

決して愛されたくないわけじゃない

実際に彼が私に興味を失ったらと想像すると

やっぱりそれはとても悲しく嫌だと思っていた。

実際、離婚を切り出された時も

頭が真っ白になり思考が停止し

離婚の覚悟が決まるまで3ヶ月かかった。

けれど、愛情表現されることには抵抗感があった

それはまるで愛を求められているように感じて

ダメ出しをされている気がしてた。

結局のところ

「私のことは好きでいて

でも私のやることに口出ししないで

私のことをすべて承認して

あなたを嫌がることさえも受け入れて」

と望んでいた気がする。

「お願いだから私に求めないで」

という気持ちが心にずっとあった。

そこには「奪われる」という意識があったのを

今でも鮮明に覚えている。

とにかく毎日奪われていた。

私の時間も、お金も、意識も、注意も

すべてが私以外の家族に注がれていた。

私が私のために使う時間

私が私のために使うお金

私の今にフォーカスするエネルギー

私が私の心の動きに注意を払うこと

それらすべてを諦め

私以外の大切な人のために奉仕する日々

愛しているからこそ出来ることで

そこに幸せも感じつつも

半分は虚しくて、悲しくて。

だから、これ以上タスクを増やして欲しくない

夫に愛を向けること、愛情表現をすること

それはただでさえ時間に余裕のない私には

辛いことだったから。

前夫と離婚をし

新たなパートナーとの関係を築く中で

今の彼に抱く気持ちを

かつて前夫は私に感じていたのだろうかと

考えることがある。

わかって欲しい、が生まれる時

きっとこの私の気持ちは

かつて感じさせていた気持ちかもしれない。

夫婦とは深い縁があるものだと思う。

あの当時の私たち夫婦はとても未熟で

相手を気遣いすぎて

本音を抑え、オブラートに包み

結果、心の距離が広がっていった。

そしてその距離が不安が増幅し

勝手に傷つき、拗ね、不満を募らせていく。

伝え方がまだまだ下手だったから

本音が鋭い刃となり

自分を否定されたと傷つく姿を見ては

怒りが湧くという悪循環。

私が悪いのか

私は否定なんてしていない

私は私の気持ちを伝えただけなのに

どうしてあなたは自分の考えを言わないのか

どうして会話にならないのか。

そうやってあなたはいつも被害者になる

あなたが被害者になることで

私は加害者になるのに

勝手に私を加害者にしないで

罪悪感を植えつけないで。

かつての私はそんな気持ちを抱いていたが

頭の片隅では

私も同じことをやっていると気付いていた。

とても未熟だった自分

そんな姿をさらけ出して

ぶつかり合って成長していける

それが夫婦なんだと思う。

私は幼くして他界した父に出来なかった

思春期の反抗の全てを

前夫にさせてもらったと思っている。

育ち残しをさせてもらったから

自然とそれぞれの道へと別れ

そして今、新たなパートナーと

全く違うパートナーシップを築いていられるのだと。

離婚をして1年半

まだまだ全てが感謝には変わらないけれど

いつかそうなれると願っている。

だって、夫婦になるほど

深い縁のある関係なんだから。

マインドリセット講座9期 5月18日スタート

現在参加者募集中

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加