寄り添う、を形作るもの

SNSフォローボタン

寄り添うとは

その人が今ここから、自ら一歩前に進んでいけるような働きかけ

そんなことを思います。

こんにちは

長女専門たいわ士

古瀬郁江です。


(photo by 塚本ダイ)

昨日はclubhouseで定期的に開催している

【大人の哲学ルーム】でした。

【大人の哲学ルーム】とは
ネットを開けばすぐに答えが出てくる現代において
自分自身の価値を引き出し、発揮していくためには
「考える時間」をどれだけ作れるかがポイントです。
形のないものの本質を探り、一人一人の考えを掘り下げていく
それが【大人の哲学ルーム】です。
月2回、隔週火曜日夜9時からclubhouseで開いています。

私のビジネスの先生でもあり

株式会社シャイニングステージ執行役員の

佐藤俊之さんと共に開く完全に趣味のroomです。

昨日のテーマは「寄り添うとは?」

このテーマについてみんなで考えを深めていきました。

子育ての場面では

「寄り添う」というキーワードが

当たり前に出てきます。

「子どもに寄り添いましょう」

さて、これってすごく抽象的ですね。

寄り添うを別な言葉で説明するとしたならば?

春から中2になる娘が小さかった頃から

「子どもに寄り添いましょう」

といたるところで目にし、耳にしてきました。

それはどこか

「子どもの気持ちを受け止めましょう」

「否定せず認めましょう」

みたいなニュアンスで漂っていました。

実際に私も、娘が泣いたりぐずったりした時

「嫌だったね〜」「やりたかったね〜」

と気持ちに共感する言葉かけをしていました。

けれど実際は、そこから我を通すようになったり

わがままを言うようになったりして

成長とは真逆に進むケースも多くあり

本質的な部分で何かが違うような気がしたのです。

気持ちに共感するというのは

寄り添うを形作る一つの形であって

寄り添うことそのものではない気がします。


(桜はいつもいつでも私たちの心に寄り添ってくれる)

私が思う寄り添うとは

その人が今ここから、自ら一歩前に進んでいけるような働きかけ

それが、

そうだよね!って共感してもらうことの時もあれば

ぎゅーってハグをしてもらうことだったり

「たまには美味しいもの食べに行こう!」

って連れ出してくれることや

何も言わずに隣に座っていてくれること

自分のことを本気で思って

アドバイスをくれることの時だってある。

その人が、今よりも一歩先へ

自ら歩き出す力になる働きかけ

それが寄り添うことなんじゃないかなって

皆さんの考えを聞きながら思いました。

それと同時に

ここにも男女の差がある気がして

女性にとって寄り添うに必要なのは「共有」

男性にとって寄り添うに必要なのは「信頼」

女性は心の中にある感情や

時間や空間、感覚などを共有することが

寄り添うを形作るもので

男性は心の奥にある志を応援し

必ずそこにたどり着くことができると信じている

あなたの未来を信じているという信頼を手渡すことが

寄り添うことそのものではなのかもしれません。


(7歳になった息子も諦められるとすごくすごく異常なほどに嫌がる)

そうなると

男性が得意な寄り添いというのは

しっかりと自己を確立した成熟した人であったり

何かにチャレンジしたいと思う前を向いた人に対してであって

まだまだ甘えの残る未熟な人や(子どもも含む)

何をしたいのか、何を思っているのか

自分でもわからない人にはかえって心の距離を感じて

逆効果になってしまうのかもしれません。

男女のすれ違いは

結局ここからきているのかもしれない

なんてことを考えます。

多くのクライアントさんを見てきて

夫婦関係の悪化の原因は、結局女性側が

「何をしたいのかわからない」

「何を感じているのか言語化できない」こと。

良好な男女関係に重要なのは

女性が成熟していくことだから。

自分の軸が定まらない場合は

心の仕組みを理解し

しっかりと寄り添いながら

成熟へと導く女性の元で

自分と向き合うことをお勧めします。

そうすれば、あなたの隣にいるパートナーが

その先誰よりも最高のガイドとなって

より良い未来へと導いてくれるから。

多様性を愛し、多様性を活かすことのできる

成熟した女性へと変化したい方は

マインドリセット講座で一緒に未来を変えていきましょう。

マインドリセット講座9期 5月18日スタート

◉心を自然な流れに戻す
◉心の未発達を終わらせる
◉コアにある想いを言語化する

心の成熟の3つのプロセスに沿って
自分と向き合い、軸を見つけ出していき
本来のあなたに戻っていく6ヶ月間です。

参加された講座生の声

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加