日常の中のエスカレーター

SNSフォローボタン

こんにちは

長女専門たいわ士

古瀬郁江です。

最近は

忘れていた過去を

ふっと思い出すような時間が

増えてきました。

抑えて、押し込めて、忘れていた

そんな見ることのできなかった過去を

ようやく見ることができる私に

なってきたんだと思い嬉しく思います。

結婚していた当時

娘の可愛い笑顔や

面白おかしい表情、頑張る姿

娘と息子の愛おしい後ろ姿

喧嘩した後の泣き顔など

何気ない日常の写真を

たくさん写してきました。

家族でお出かけした時の

パパと子ども達の楽しそうな笑顔

子ども達が大きくなった時

記憶に残っていないけれど

確かにあった一場面が

心をほっと温かくし

支えになると思うから。

けれど

私と子ども達の

日常の写真は

ほとんど残っていない。

いつも撮るばかりで

日常の中の母と子の姿は

残っていない。

可愛かった子ども達

懸命に子育てをしていた私。

それらが記憶の中にしかないことが

たまらなく悲しいのです。

先日、息子を連れて

初めて行ったスカイツリー。

いつものように

息子の隣に立って

エスカレーターに一緒に乗る

彼が生まれて6年半

抱っこしたり

手を繋いだり

何度も何度も乗ってきた。

私の頭の中にだけ残る

いつもの光景。

お出掛けをすると

必ず私のパートナーは

私たちの姿を写真に納めてくれる。

とても些細なことかもしれないけれど

私はとても嬉しくて泣けてくるんだ。

私と子ども達の時間

辛いことも悲しいこともあったけど

それでも確かに存在した愛の時間。

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加