働くのが楽しみになる子育て

SNSフォローボタン

こんにちは

自分に正直に生きる

たいわ士 古瀬郁江です


(大好きな北海道神宮の中にある開拓神社)

先週、北海道に行ってきました

今回の旅の目的は

息子を迎えに行くこと

去年の秋、離婚が決まってから

「パパがいい!」と言ってきかなかった息子

(理由はおもちゃを買ってくれるからw)

一度決めたことは

やるまで絶対に妥協しない性格

自分の内側をわかってくれる人がいることが

彼の心の安定に欠かせないので

パパとの生活を体験したら

いつか東京に来るだろうなと

既に予想はしていました

しかし私の想像をはるかに超えて

母の目から見た息子の様子は

一刻も争う状況だったので

7月の来札以降

息子の受け入れ態勢を整え

娘の夏休みに合わせて迎えに行きました


(神宮にはリスもいたよ)

この4ヶ月間、よく耐えたな

本当にその一言に尽きます

いろんな気持ちが湧きます

ものすごく悲しいし

ものすごく腹も立つし

ものすごくガッカリしてる

でも同時に

息子の曇った心を

ピカピカに磨いてやろうじゃないか!と

心に熱いものも湧いています


(1歳5ヶ月の息子のお尻もつるつるピカピカ@バリ)

息子と合流してすぐの夜

何気ない会話から

仕事の話になりました

彼は

「大人になるの嫌だな」

「働くの大変だな」

「簡単なバイトがしたい」

と言いました

私の心の中は

怒りと、悲しみと、落胆で

溢れかえりました

私がずっと

父親に求め続けてきたこと

「社会で働くという幸せを

見せる存在であってほしい」

その役割を

13年経ってもなお

担ってくれないのか、と

働くのは辛い

働くのは大変

お金を稼ぐのは大変

そんなイメージが

一緒に暮らしていた時以上に

色濃く植え付いていました


(娘には1年半前くらいから仕事の話をしてるので
すでに「働く=社会貢献・喜び」になってる)

息子はもともと大きな野望を抱く子

未来に夢と希望を見る子

無限の可能性を信じた時に

彼の才能が最大限に発揮される

小さくまとまったり

制限をかけられることを最も嫌い

その途端に人として腐っていく子

この日の夜から

お金を生み出す働き方

働くことの本当の意味

お金の正体

働くことの楽しさを

いっぱい伝えています

仕事の話をすると

息子は本当にワクワクして

楽しそうにあれこれ話してくれます

今日は

「苦手なことがあるのはいいこと」

「誰かの苦手をお手伝いしたらありがとうをもらえる」

「お金はありがとうが形になったもの」

の話をしたら

すごく瞳がキラキラ輝き出して

「僕は何ができるかなぁ!」

と未来の話を始めました


(今日は息子と展望台へ!その間も将来の夢の話ばかり!)

彼はすごい大人になる

私はそう信じています

だからこそ

無限に広がる可能性の芽を潰したくない

家庭環境から学校で問題を起こし

クラスメイトから避けられちゃった子に

優しい言葉をかけてあげられる子だもの

人の目を気にして

社会の枠にはまって

大人しく前ならえする生き方をさせてしまっては

彼の命を預かっている身として

神様に顔向けできません

2人の子どもを世界一幸せな人に

社会のお役に立って

多くの人に愛の手を差し伸べられる人に

世界に貢献できるような大きな人間になるよう

全力で関わっていきます


(5年前の可愛いふたり)

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加