行動するとは

SNSフォローボタン

こんにちは

心と在り方を整える

たいわ士 古瀬郁江です。

心について学んだり

自分と向き合っていると

心持ちが変化し

前向きになり

とても生きやすくなったのだけど

すごく心をかき乱すような

嫌な現実が現れる時があります。

「変わったはずなのにどうして?」

「この出来事は私に何を伝えてるんだろう」

「私はまだこの次元にいるの?」

そんな思いが心をよぎるという経験

あなたにはありませんか?

スピリチュアルの世界や

心の仕組みについて学んだ人で

ここでつまづいているのを多く目にしますし

実際に私自身も同じようなことを経験しました。

なぜ多くを学び

仕組みを理解し

解決方法も知っているのに

あの頃と同じような

嫌な出来事がまだ現れてしまうのか?

その大きな理由は

「思考と在り方が一致していない」から

頭ではわかっているし

自分の心には反映できてる。

でもそれを

外側の世界で体現していない。

絶対に守られている

あなたという殻の中でしか

もしくは

この人は安全という

限られた環境の中でしか

その在り方を体現していない。

つまり

「思考と在り方が一致していない」

と言うことは

何も変わっていない

ということなんです。

気付きはとても大きなパワーを持ちます

心の仕組みについて気付くとき

今までの苦しさの理由に気付くとき

それだけで解決することもあるし

大きく改善することもある。

けれどそれは

実は全体の中の3〜4割

それくらいの変化でもあります。

そこで満足してしまう人

それだけで全てを解決したい人というのが

心を学んでいる人に限ってとても多いのです。

なぜなら

その先にある残り6割を乗り越えていくには

見たくない自分であったり

信じたくない現実であったり

痛みや不快を避けては通れないから

なので

今まで学んだ

「◯◯の法則」や心の仕組み

(外側にあるものさしやルール)

に当てはめて

問題の本質

(自分の内側にある見たくないもの)

から目をそらし続けてしまう。

変わったように思っていたのに

同じような嫌な現実が

目の前に何度も現れるのは

避けている「痛みや不快」を

湧き上がらせてくれているだけ。

つまり、次のステージにやってきたということ。

だから「行動する」「体現する」

あなたが本当に覚悟を決めたのか

それをただ試されているだけ。

あなたがかつて苦しかった時の

「どうしていつも私ばっかり」

「あいつのせいで」

「どうせ私なんて」

という思いと

多くを学び自分と向き合った今の

「私が自分を認めていなかったからそう扱われていただけだ」

「私を大切にすれば現実は変わる」

「現実をこのように捉えられてる私は変われた」

という思考と

どちらも

同じ在り方だとわかりますか?

そう、両方とも

ジャッジメントが存在するのです

「〜だから大丈夫」は

「〜じゃなかったらダメ」と同じだから

気付きの後に起こる

現実を見つめ、覚悟を決めて行動するプロセス

それこそがジャッジメントを超えていく道のり

心は目に見えないからこそ、とても難しい

いとも簡単に感情に主導権を奪われたり

無意識のうちに未熟な自分に引っ張られたりしちゃうから。

だからこそ

正しい道をナビゲートしていくガイドと

互いに気付き合い、学び合い

違いを認めあえる仲間の存在が大切なんです。

自分と向き合っているだけじゃ

自分のことなど理解できないし

本当の意味での変化は有り得ない。

私はいつでも

本当のあなたから放たれる

真の輝きを見たいから。

ジャッジメントを超えた世界に行きたい方は

マインドリセット講座7期へ

マインドリセット講座7期 7月18日スタート予定

最新情報は公式LINEにご登録ください

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加