未熟な女か、成熟した女性か

こんにちは

たいわ士 古瀬郁江です。

ようやく東京も分散登校がスタートしました。

2月末に全国に先駆けて休校になった札幌

そのまま卒業式を迎え

引越した東京では入学式も出来ないまま

結局丸3ヶ月間の自粛生活!!!!!

長かったけど、学校が始まって心からホッとしています。

コロナ自粛を経て

イレギュラーな時間の中で

普段は出てこない感情や

目に止まることのない景色に

多くの人が戸惑い

内観し

バランスを保ちながら

進んできたように思います。

今までも

311や北海道のブラックアウトなど

沢山のショッキングな出来事によって

気づきを授けられる機会はありましたが

今回のコロナでの日々は

二極化具合が尋常じゃなくエグいw

悲観的な感情に飲み込まれてしまう人と

突然やってきた波を乗りこなす人

ここの差がパックリと

キレイに分かれているのが見て取れる。

その違いはズバリ

「未熟な女か、成熟した女性か」

私たちは思春期に反抗期を迎え

社会に出て

家庭を持ち

自立したと思っているけれど

本当の意味での親離れ

本当の意味での自立は

30代の頃に始まるのです

ここでしっかりと女性性を成熟させ

心と頭を統合し

人生から逃げず地面に足をつけ

未熟な少女を卒業できるか

それが大きな分かれ道になるのです

女性性とは

心であり、感情、望み、希望

自己中心的で

世の中を裁きまくり

幸せだけを手にしたいという

未熟な女性性(感情)の女性には

表面的で、短絡的で

自分を正当化するための

自己中心的な男性性(行動)しか育たない

それはつまり善悪の中で生きるということで

悪を裁くことで自分の善を証明する在り方で

常に自分を善へとコントロールする生き方

真の望みを叶える時

同時に失うものもあるということ

そして平等を願いながら

平等はかなわないということを

成熟した女性は理解しているのです

娘の中学校では

夏休み短縮

2学期以降の土曜日授業

行事の短縮・中止

が決まりました

自治体や先生たちには

感謝しか湧いてきません。

このコロナ自粛

誰にとっても未知の世界で

何が正しいのかもわからず

批判も起きる中で決断してくれたこと

それは全て

「子ども達に十分な学びを」

という想いからだってわかるから!

教師という職業を選んだ先生たちだからこそ

きっと私たちには見えていないような

学びの楽しさや喜びを知っているはず

だから短縮授業ではあるし

長期休みの中で経験することや

行事を通じて育まれるものは得られないけど

授業ができることや

学びの楽しさを伝えられることは

きっと嬉しいんだろうなぁって想像します。

何かを選べば

何かを諦める

それって世の中の摂理

修学旅行がなくなっちゃうのも

運動会がなくなっちゃうのも

甲子園がなくなっちゃうのも

もちろん悲しいけれど

でも事実はただ

「なくなった」っていうだけなんだよね

悲しい自分を感じたくないために

怒りを誰かにぶつけるのは

未熟な女のやること。

成熟した女性は

もっともっと広い視点で

高い視座から多くの愛を拾い上げる。

現在開講中の

マインドリセット講座4期・5期生が

驚異的なスピードで成熟していて

驚きと感動を隠せません。

facebookグループでの自己開示力

気付きの質も高く

互いに学び・気付き合う姿に

尊敬の念が湧いています。

彼女たちはコロナという非日常の中で

自分が浮き彫りになり

自己対話・自己理解が

急速的に進んでいます。

  
期を超えたグループセッションも最高にいい時間だった!

未熟な女を卒業するためのプロセスは

無意識に受けていた様々な恩恵を諦め

真の望みに向かって舵をとり始める道のり

決して簡単なものではありません

でも誰にでも可能です。

正しい道を指し示すガイドと

支えあう仲間さえいれば。

あなたも

未熟な女を卒業して

成熟した女性を目指しませんか?

マインドリセット講座7期 7月18日スタート予定

興味のある方は公式LINEにご登録ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする