誰のことも嫌いになりたくない

こんにちは。

長女専門たいわ士

古瀬郁江です。

前回、好きだから故にイライラしてしまう

と言う話をしました。

「自分の愛の大きさに、自分で振り回される」

愛を届けたいのに

それを届けられない

もしくは受け取ってくれない

湾曲して受け取られる。

そんなことがあると

とっても悲しくなって

それは時に怒りとなって現れる。

大好きで

愛したいのに

怒りと共に

傷つけるという現実。

この苦しさを

私は何十年も

続けてきた気がします。

距離のある相手なら

現実的に離れるとか

接点を持たないとか

ぶつからずに済む対処ができるけれど

近しい家族となると

わかってほしい想いに火がついて

わかってくれない悲しみが火に油を注ぎ

相手を焼き尽くしてしまう。

そうすると

さらにもう一つ

<愛する人を傷つけてしまった>

という痛みが誕生する。

これを俗に

負のループというのだろう。

そう、相手を傷つけてしまうような

鋭い言葉や行動も

その始まりは<愛>なんだ。

世のなかには

<愛>で出来たものと

<愛>ではないもので出来たもの

その2つが存在するように見えるけれど

実はどちらも間違いなく

<愛>からできている。

そして私たちも

愛で出来てるんだよ。

私たちは愛したいんだ

決して嫌いになんてなりたくない。

ただ悲しかっただけなんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする