自分の愛の大きさに、自分で振り回される

こんにちは。

長女専門たいわ士

古瀬郁江です。

あなたは

目の前の人が大好きすぎて

逆にイライラすることありませんか?


怒ってこんな風に泣かせちゃうことってあるよね

お母さんに対して爆発するとか

夫に対しての不満が募るとか

子どもにイライラするとか

全部「私の愛が伝わらない」

ってことだと思うんです。

愛したいのに愛せない悲しみ

大好きなのに大好きな姿を見せてくれない悲しみ

安心して愛を表現させてくれない悲しみ

そこに

「愛しても大丈夫」

「愛を表現しても大丈夫」

がないと感じるから。


道草しながら一緒に手を繋いで帰る時間も大事にしたい

特に子どもに対して

母親は無数の愛の形を持っています。

じっくりと遊んであげたい愛情

美味しいご飯を作ってあげたい愛情

規則正しい毎日を過ごして健康的に育てたい愛情

これって、日常のあれこれに当てはめると

「ママ!見て!」っていう言葉に応えて

寄り添って遊んであげたい気持ちと

美味しいご飯をさっさと作って

夕食やお風呂、歯磨きを時間通りに済ませて

早寝させたい気持ちの葛藤。

矛盾するんです。

どっちも愛なんです。


旬の食材で心を込めてご飯を作ってあげたいよね

家事を二の次にして

子どもとの時間を過ごしたら

それはそれで満たされるけど

もう片方が満たされない。

子どもの声を二の次にして

家事を済ませて早寝させたら

それはそれで満たされるけど

どこか心が悲しい。

どっちも愛せない部分があるから。

子どもの側にいてあげたい気持ちと

子どもを守るために勤めに出る気持ちも

矛盾するんです。

どっちが正しい

で選ぶのではなくて。

どっちの気持ちもある。

その矛盾ごとあるって受け入れる

ジャッジメントの世界から抜けること。

人生矛盾だらけ

人間の心も矛盾だらけ

その矛盾をなくすことではなくて

その矛盾を認めて受け入れる

弱さを受け入れて

未熟な私で生きていくという覚悟。


みんな弱いところを持ってるよね

そんな私も

自分の中にある愛の大きさに

振り回される時がある。

2つの矛盾する愛が

それぞれに大きなパワーを持って

お互いに喧嘩をするとき

手に負えなくなって

全てを捨ててしまいたくなる。

こんなにも愛することが辛いなら

いっその事私一人になってしまえばいいのに。

愛する人がいなければいいのに。

愛する気持ちは

ときに痛くて辛い。

【たいわ1dayセミナー】

10月10日(木)10時〜

詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする