誰かのために生きる前に必要なこと

こんにちは。

長女専門たいわ士

古瀬郁江です。

ゴールデンウィークも最終日ですね。

今年は元号が変わる

特別な時間だったように思います。

さて。

皆さんは占いって好きですか?

我が家の娘も、小学4年生あたりから

心理テストやら、星占いやら

少しづつハマってきましたけれども

私たちは「私を知りたい」という欲求が

強くあるんじゃないかと思うんですよ。

「私を知る」

というのは、一生かけて取り組むテーマなのかな。

たいわをしていて感じるのは

「私を知る」のその先に

「私が活きる生き方を実現する」があって

そこに向かってるんだなって。

そんな私は

数秘でいうところの「6」なんですけれどね。

バリ生活中にもこんなことを書いていました。

「数秘6は愛の人?自分の中の違和感と罪悪感」

最近ね、ここの感覚がすごい変化してきてるんですよ!!!

「誰かを応援すること」や「先に与えること」

って豊かさの必須条件みたいに言われてるじゃないですか。

それって本当だなぁって思うんだけど

それをやろうとして苦しくなる人もいると思うんです。

(あ、私がそうでした)

数秘6で、実は占星術でも太陽が6ハウスで

完全に奉仕の人なんですよ、私。

でも人様を立てると辛くなる。。。

(立てること自体はラクラクできる)

で、たいわを深めていって

ひたすら自分の声を拾って生きてきたらですね

今、楽にそれをできるようになってる自分がいる。

なんなら、喜びまで感じてる!!!

(イエーーーーイ!!!)

マインドリセット講座でもやるのですが

人間の心の発達に基づいてみても

これは理にかなっているんですよね。

動物と違って、人間は

大人になるまでに20年近くもかかるんです。

それってより脳が複雑に発達するからで

その分心も複雑かつ豊かに成長していく。

私の場合

もともと誰かのために行動することが

潜在的にインプットして生まれてきているので

幼い時から空気を読んで周りに合わせ

ベストな行動をすることが大の得意でした。

でも、早くに親が他界したために

遠慮なく、安心してわがままを言う環境がなかった。

心の発達は飛び級ができません。

やり残したことは必ず戻ってやり直さないと

真の大人の精神は手に入れられない。

私はたった一つやり残した

「自分の気持ちを、空気を読まずに一番にする」

ということが抜けてた。

抜けたまま人のために行動をすると

やり残した感情が後ろからちょっかいを出してくるんですよね。

でもやり残しをやり直したら

私の本質をそのままに

そして喜びを感じられるようになった!

だからね

やり方だけ真似しててもダメだって思う。

鎧を重ねて武装するやり方は

必ずどこかで無理がくるから。

鎧を脱ぎ捨てて

弱さも受け入れて

そのままで勝負した時

あなたが活きる強い自分になれる。

たいわで自分の声を拾って

自分を大切にしていく時。

多くの人が

「周りに迷惑をかけてるのではないか」

と罪悪感に襲われます。

でも大丈夫。

あなたは

あなたの大切な人を大切にするために

あなた自身のことを大切にしてください。

・・・・・・・

◉自分の心としっかり向き合いたい方は
【たいわセッション】
5月末まで祝・越冬キャンペーン中!
通常90分12,000円→8,600円
詳細はこちら

◉たいわって何かを体験したい人は
【1dayワークショップ】
5月11日(土)10:00〜12:00
参加費:3500円 残席2
詳細はこちら

◉自分とたいわをするスキルを身につけたい方は
【マインドリセット講座】
2期:5/21〜(全火曜)残席3
3期:7/20〜(全土曜)6月末までのお申込みで割引特典
詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする