ためになる!?ドタバタバリ子育てぶっちゃけお話会

「ちょっとー!床がアリだらけなんだけどー!!!」

2016年5月

小学3年生の娘と

イヤイヤ期真っ盛り2歳1ヶ月の息子を連れ

18時間かけて降り立ったのは

南半球の小さな島、バリ島。


(子どもを前後に乗せてバイクも乗るよ!)

住まいも決めず

学校も決めず

仕事も決めず

行き当たりばったりのバリ生活。


(見よ!スポンジボブアイスのクオリティの低さを!)

振り向いたらダイニングテーブルの上に鶏が座っていたり

シャワー中に真っ暗になって子どもたちの悲鳴が轟いたり

キッチンに全長1mの巨大トカゲがいたり

買ったばかりの牛乳が異臭を放っていたり

野良猫に噛まれて狂犬病ワクチンを打ったり

日本にいたら体験できないことのオンパレード!


(君はなぜここにいるのだ)

日々生きるので精一杯

だからこそ

人の優しさに触れ

多様な形の愛情を知り

人の強さも弱さも全てを感じて

改めて人間ってすごいなって実感しました


(みんな我が子のように子どもたちに向き合ってくれる)

日本にいたら気付けなかった

日本のいいところや誇り守るべきもの

子育ての本質、教育の意味

そして人間としてあるべき姿

バリ島ドタバタ子育ての中で

見つけた大切なことを

失敗もトラブルも全てぶっちゃけて

皆さんとシェアしたいと思います


(ホストファミリーのみんなと)

↓こんな人にオススメ↓

✅肩の力を抜いて楽しく子育てしたい
✅海外子育ての本当のところを知りたい
✅英語教育に興味がある
✅ドタバタ話を聞いて笑いたい
✅これからの世界を生きる子どもの将来を考える
✅日本の義務教育、集団生活に疑問を持っている
✅お爺ちゃんお婆ちゃんとの育児方針のずれで悩んでいる

お話を聞いた後

視野が広がり、いい感じに肩の力が抜けているでしょう

お話会の後は、ランチ交流会も開催します

美味しいご飯を食べながら

お話会の感想やあなたの世界観など

みんなでシェアしましょう

【ためになる!?いくちゃんのドタバタバリ子育てぶっちゃけお話会】

日時:4月24日(水)
10:30〜12:30 お話会
12:30〜14:00 ランチ交流会

会場:まなびやカフェあけぼの分校給食室
札幌市手稲区曙5条3丁目2-22
ていねあすなろ保育園分園 2F
https://www.kyushokushitsu.com/access

参加費:3500円
(ランチ代は各自ご負担ください)

定員:6名

お申し込み方法:
メッセージフォームから必要事項をご記入の上お申し込みください
・お名前
・お子様連れの有無
・ランチ交流会の参加
お申し込みはこちら→メッセージフォーム

スピーカー:古瀬郁江
たいわ士、ズボラ重ね煮講師、パティシエ

1980年、札幌生まれ。
3歳で母が、9歳で父が他界し、4つ年上の姉と共に親戚の家に居候。中学2年の時に二人暮らしをはじめ、高校3年で自立。高校卒業後、札幌市内有名パティスリーで修行を始める。

結婚後、2007年に長女を出産。アトピー&アレルギーで生まれたため生活を全て見直し、食や肌に触れるもの全てこだわる。

娘1歳を機に子連れお菓子教室「L’atelier Bon douce」をスタート。告知10分で満席になるほどの大人気教室になる。自宅での通常レッスン以外にも、北ガス主催のお菓子教室講師、すすきのの老舗料亭のオリジナルケーキ監修、札幌老舗和菓子店の新商品メニュー提供、自治体の土産品のレシピ作成などを手掛ける。

教室に通うお母さんたちと関わっていく中で、多様な子育ての悩みを知る。自分自身も親を幼くして亡くした経験から、子育てでのイライラを止められず、我が子への虐待で苦しみ、そしてそれを誰にも打ち明けられずに暗闇の中をさまよっていた。自分のためにも、他のお母さんたちのためにも、力になれることはないかと本格的に自分の心と向き合い始める。

2013年春、池川クリニックの池川明先生とたいわ士南山みどり先生のイベントで、マタニティ向けヴィーガンスイーツを提供したのをきっかけに「たいわ」に出会う。同年8月、第2子妊娠と同時に「たいわ士育成講座」を受講。お腹の中の息子と胎話をしながら、1年かけて自分自身を見つめていく方法を学ぶ。

妊娠中に日本での子育てに不安を感じていた時、お腹の中から言われた「地球に生まれたんだから、地球で暮らせばいいじゃん」という息子の一言に背中を押され、2016年4月日本を飛び出す。8歳の娘と2歳1ヶ月の息子を連れ、住まいも決めず、学校も決めず、仕事も決めず、夫を一人日本に残してバリ島へ移住。

全く異なる文化、言葉も通じない、知り合いもいない完全に外部から隔離された3人だけの世界。イライラしても発散する場所もなく、日本での当たり前も通じない。今まで全く考えもしなかった子育ての本質について、私という人間とは、を深く自分とたいわをする日々を過ごす。

その中での気づきは、頭をハンマーで殴られるような衝撃と共に、すべての問題は「自分を知らないこと」と「自分とかけ離れていること」で起こると確信。目の前にある問題はダミーであり、問題の核は自分の中にある、またその答えも自分の中にしかないと何度も体感。そして自分を理解していけばいくほどに現実が変化していく現実も何度も目の当たりにする。

現在は札幌を拠点に、6ヶ月かけて自分自身とたいわをする方法を学ぶ「マインドリセット講座」や子育て講座、たいわセッションなどを提供。食を通じて、自分の心に耳を傾け、自分も子どももそのままで生きることを信じる幸せを伝える「ズボラ重ね煮講座」も定期的に開催。

様々なツールを用いて「その人の可能性の鍵を開けて本質を生きる」お手伝いをしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする