シンクロニシティを拾い上げる

こんにちは。

長女専門たいわ士

古瀬郁江です。

シンクロニシティ=偶然の一致

今日はそんなお話です。

10月からスタートしたマインドリセット講座。

自分で自分とたいわをするスキルを身につけて

賞味期限切れになった「マインド」を「リセット」し

本来の私に戻る6ヶ月講座。

詳しくはこちら

3回目までが終わり、来週4回目が行われるのですが、

前回都合が悪くて参加できなかった生徒さんの

振替え補講を先日カフェで行いました。

1回目は「感情と思い込みの関係、思考の仕組み」

2回目は「現実理解、区別」

と来て、

3回目は「発達的観点から見た心の発達」

という内容。

さくらさくらんぼ保育をベースに

乳児から大人の歯が生え揃う10代後半までの

体と心の発達についてを理解する内容。

めっちゃくちゃマニアックで

めっちゃくちゃ深い

人間という生き物の本質を理解する

ちょっと科学的な内容

でも全然難しくはないのです。

むしろ自分の子どもの年齢や

ブームと照らし合わせるとめちゃくちゃ面白い。

(ヒーローになりきる我が家のオムツマン@バリ)

ちょうど体壁系と内臓系の機能

頭と心の管轄や内臓感覚の話

植物・動物・人間の備わる機能とマインド

なんかを話していたら

隣の席に着席したご年配の男性が声をかけてきまして。

長年、教育現場に携わり

現在は子どもの未来を守る活動をされている方でした。

「今の人はみんなものにばかり興味を持つ。

人間に興味を持つ人はほとんどいない。

でもね、ものは誰が作ったの?人間だよ。

人間を作ったのは?万物創造の神だ。

人間について知ることは本質を知るっていうこと。

生きていく上でそれこそが一番大切なんだよ」

「本質を知ってる人から学ばなくては意味がない。

組織に入れば誰でも伝えることができるけど

その伝えている人が本質を知っているかどうかを

しっかり見極めなきゃいけない」

など、その他現実を作る思考についても

色んなことをお話を聞かせてくださいました。

「あなたは本質をしっかりわかってる。

あなたが今伝えていることは凄いことだよ。

その話をできる人ははっきり言ってそういない。

何万人に一人の素晴らしい人だよ」

と、あまりにも有難すぎる言葉を頂戴したら

おじさんはスーッと居なくなり。

え?今の時間なに?

私と生徒さんにメッセージを伝えるために

どこかから送り込まれてきた宇宙人?

って思うくらい、一瞬異次元にいたような

なんとも不思議な空間でした。

そうして約4時間の補講が終わり

ちょっと一息ついたら

さっきのおじさんが座っていた席に

新たに座った女性が

「あの、ちょっといいですか?」

と声をかけてきた。。。

え?デジャヴ?

話している内容に興味を持って

声を掛けてくれてきたのですが

その女性と生徒さんが

現在のおうちがご近所で

しかも東京にいた時の自宅も近所だったという!

なんですか。

このシンクロ&不思議現象。

なんかよくわかんないけど

何かがある。

意味などわからないけど

なにか意味がある。

その答えは

その瞬間にわかることもあるけど

時間が経ってわかる時だってあるから。

わからない時に

無理に意味付けをして可能性を閉ざさないほうがいい

と私は思う。

いやー、今思い返しても不思議。

とにかく、その日のマンツーマンでの補講は

とても良かったのは間違いない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする