4歳半男子 見栄を張る

こんにちは。

世界をホームグラウンドに生きる

たいわ士、古瀬郁江です。

(札幌は秋ですー!黄金色の円山公園)

札幌に戻ってきて、まだ10日も経ってないのかよ!

と自分でもビックリするくらい、

時空の足元がふわふわしています。

なんか変な感じです。

さて。

4歳年中男児。

3月末生まれの我が息子。

年中さんの中でも心の発達が他の子よりも遅いのは仕方がなく。

けれどここへ来て、やっと年中さんらしい姿が!

(デンパサール空港にて、後ろにゴミ箱!笑)

保育園までの道のり、

未だ「抱っこして〜♡」とおねだりする15キロ。

もう本当に恥ずかしげもなく甘えてくる!

仕事で疲れて帰ってきた夕方なんかは、

「抱っこさせて〜♡」と、

私の方からお願いしてパワーチャージすることもあり、

そんなのに味をしめたのか、

「だってオレ君のことしゅきでしょ?」

と言って誘ってきやがる。笑

(こいつめー!可愛いから許しちゃう!)

で、今日一つ試してみました。

抱っこして歩いていると、

前方に幼稚園バスを待つちびっこが2人!

「あ、見て。あそこに同じ子いるよ」

「ちょっと、抱っことか、見られるんじゃない?」

その瞬間、息子の表情が変わった!!!

あっという間に母から降りて、一目散にダッシュ!

幼稚園児を横目で見つつ、

華麗なフォームで駆け抜ける!

「オレ、足速いでしょ?」

と言わんばかりのドヤ顏。。。笑

しばらく進んで信号待ちの時に一言。

「あぁ、危なかったぁ」

笑。

しばらく進んで再び

「抱っこし、、、」

と言いかけたその時、

前方に幼稚園バスを待つ子どもの姿が。

「あぁ!あそこにもいるよぉ!ダメじゃん!」

笑笑。

結局、保育園まで抱っこされることは叶いませんでしたw

(サングラス、ズレてますけどねw)

年中さんは見栄を張るお年頃。

友達同士で順位をつけて、一番になろうとする時。

「〇〇くんが怒られてた」

「〇〇ちゃんは悪いんだよ」

と、園での出来事が他の子の悪口ばかり、

というのが大きな特徴だったりします。

戦隊モノなんかにハマるのもこの時期ですもんね。

「デキる自分」をとことん演じて、

空想の世界から現実の自分の姿へと

世界をまたいでいく大切な時。

嘘をつくようになるのも、

空想の世界を膨らませている証拠。

年中さんの心の成長は、

外からはなかなか見えづらいけれど、

驚くほどに大きく広がり、

素晴らしい進化を遂げているんです。

(本と同じく傾いちゃうくらい可愛い)

いい感じの年中さんになってきたな。

良きこと。良きこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする