自分の意思で周りの人のために生きる

こんにちは。

世界をホームグラウンドに生きる

たいわ士、古瀬郁江です。

あっついバリ島から

さっむい札幌に舞い戻りました。

(すぐさまセーターを着る)

バリでの毎日が濃厚でね。

いろいろアウトプットしたいんだけど、

言語化が間に合っていません。

なので、今回の旅で

私が確信したこれからのテーマ

について今日は綴ります。

私はバリに一人、

心から尊敬し、

心から憧れ、

心から大好きな女性がいます。

今回、最終日におうちにお邪魔して、

楽しい時間を過ごしてきました。

彼女はこのブログでも度々登場し、

多くのターニングポイントで

数々の大きな気づきを与えてくれた存在。

会った時間はそんなに多くないけど

(住んでいる場所が離れていたから)

会ったその日から心を開いちゃった人。

(初対面で朝の8時から夜10時まで一緒とか)

で、彼女と今回話してて、

「あぁやっぱり私、これからここに向かうんだ」

っていうのを確信したんです。

(めっちゃ美人さんなんだけど、顔隠しておきます♡)

今までずっと、

「私」を見失っていたところから、

「私」を丁寧に拾い、

「私」を生きるをテーマにしてきました。

自分自身とたいわをして、

心の声を拾い、

その願いを叶え、

私が私の一番の味方になる。

その中で取り戻したものは計り知れません。

そして今、

正確に言うと5月ごろから、

私を取り巻く世界が少しづつ変化をしていました。

私という存在を

誰かの幸せのために使ってもらう

利己的ではなく

還元という形で、

仲間と繋がって貢献する

そう、

「私を一番に大切にする」

というフェーズが終了を迎えている!

自己犠牲ではなく、

私の意志で、

誰かのために生きる。

私は今、そんな世界に踏み込んでいくんだな。

そこでまた多くを学び、成長していくんだな。

そんなことを、

彼女との時間の中で確認し、

そして再確認したのでした。

(ホストファミリーから与えることの豊かさを見習った)

ずっと一匹狼で生きてきた私が、

仲間を作ることにチャレンジする。

今月25日から始まる

「マインドリセット講座」

講座生のみんなも、

私にとっては

「人生を自分の足で生きていく」

という仲間。

東京での学びも、

どうやったら私という存在で

大切な人たちを笑顔にできるのか?

という人生のテーマを追求する仲間。

そういう場所に、

今まで近寄らなかった私が、

自らそんな場を創ったり、

自ら足を踏み入れたりすることになった。

「つるむ」

ということに、

なぜか恐怖を覚える自分がいる。

そこをもう一度見つめて、

昇華する時が来ているんだね。

さぁ新しい扉を開こうか。

募集中のイベント

10/18 「日本を出たからこそわかる!親が子にしてあげられるたった一つの大切なこと」
10/31 時短!万能!美味しい!郁ちゃんのズボラ重ね煮講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする