バリ島に戻ってきました

こんにちは。

世界をホームに生きるたいわ士、古瀬郁江です。

今月の1日にバリ島ウブドに戻ってきました!

(KL行きの飛行機の中でめんこい息子と!)

こちらは乾季と雨季の間。

ぐんぐん気温が上がるけど、

雨が降らない!アチー!

(そんな時はプールに限るよね!)

先週は子どもたちの学校があって

少しバタバタしていましたが、

今週に入ってからはペースを落としてゆっくり。

それでも今回は2週間の滞在なので慌ただしい。

(大渋滞!と思ったら宗教行事の行列だったりね)

実は今回、

バリのお家にある荷物を

すべて引き払うための渡バリ。

そう、拠点を日本に戻すことにしたのです。

4月末に日本に一時帰国をする時、

今のお仕事を整えてまたバリに戻ってくる予定でした。

けれど、あれよあれよという間に、

面白いくらいに状況が変化していく!

すべての流れがもう、

ベースを日本に移す方向へ一直線。

こういう時は、争わず。

ひとまず拠点を一つにまとめます。

(意識も一つにまとめて頭立ちの練習)

とは言ってもね!

「地球に生まれたんだから、地球で暮らせばいいじゃん!」

と言い放った息子の言葉通り、

私は変わらず地球ベースで生きていきますよ♡

ベースに縛られることなく

「行きたいところに、行きたい時に行く」

というスタイルで

世界をホームグラウンドに生きていきます。

(ウブドの日没。美しいグラデーション)

すごく面白いけど、

今回の滞在で感じるバリは、

今までとはまったく違う空気。

今までと変わらず、

気づきを与えてくれる大切な場所に変わりないけれど、

少しエネルギーリズムがすれ違ってきている。

前回日本に帰ってくる時、

「もしかしたらもう、私はバリに来ないのかな」

と一瞬脳裏をかすめた瞬間があって。

自分でもビックリしたんだけれどね。

でも、その直感はやっぱり間違いではなく、

私にとって必要な時間、必要なものは、

もう十分に受け取ったんだろうな。

バリに帰ってきたその日にそう感じました。

(ウブド王宮、実は私ここに入ると息が苦しくなる)

逢いたい人達がいっぱいいるから、

みんなに逢うためにまた必ず来るけどね!

私の人生を大きく変えるきっかけをくれたバリ。

女38歳、人生の後半戦はこれからがスタート。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする