もっと本音で生きればいい

SNSフォローボタン

こんにちは、古瀬郁江です。

今回の地震、

早朝3時過ぎに揺れてすぐに停電。

翌日はどこのお店も長蛇の列でした。

我が家は急ぎで必要なものはなかったのですが、

トイレットペーパーが少し心細かったので、

子どもたちと一緒にお散歩がてらお外へ。

(最悪、ウエスで拭いて捨てればいいので、
やっぱり焦ってはいなかったのだけれども)

お店の人たちは、

電気も通じない中、

暑い店内で、

電卓を叩きながら、

切れない行列のお客さんのお会計をしてる。

みんな暑い中で、

休憩もなく、

ずっと働いてて。

その時々で、

自分ができることをして、

互いに助け合って生きる。

日本人ってすごいなって。

でも、なんか違和感感じて。

近所のスーパーで、

長蛇の列の最後尾で、

「今日はここで打ち切りにさせていただきます。

商品も残り少なくなってきました。

申し訳ございません」

って頭を下げてる店員さんがいて。

他のお店を回って戻ってきた時、

行列も残り5名ほどになっていたので、

ふと「トイレットペーパーが残ってたら買えないかな?」

と思い声をかけたら、

「ゴメンナサイ、ここで打ち切りにさせて頂いています。

在庫は僕は把握できていないんです」

と言われたんですよね。

再び違和感を感じて、

よくよく見てみたら、

「もう何時間も休みなしでスタッフ一同販売してきましたから、

今日はここで終了させてください」

「お受けしていたらキリがないので、

今日はこれで閉店です。」

って言われたら納得できたなぁ、って。

さっきのお店も、

疲れたらペース落としてもいいじゃん。

途中水飲みながら、休憩入れながら、

お互いに無理せず進めたらいいじゃん。

そんな風に思ってました。

いや、もちろん感謝なんです。

だけど、誰かの犠牲の上にある豊かさって、

全然嬉しくない。

そんな中2日間お店を開けなかったドラッグストアがあったんです。

停電中は開店の目処がつかないと張り紙がしてありました。

今日そのお店に行ったら、

商品がたくさん並んでて、

ありがたく買い物をさせてもらいました。

なんか、その心意気が潔くていいな!って私は思ってて。

だってスタッフさんがお店に来るのだって大変。

スタッフさんだってお家のことがあるし。

で、今日レジの時になんか嬉しくて、

「大変でしたね」って声をかけたら、

「電気が通じず開店ができなかったんですよね」

って申し訳なさそうに言われちゃって。

あ、私の言葉が、

「なんで開けなかったんだよ!」

に聞こえちゃったんだな、と悲しくなりました。

そっか、、、

なんか悲しいなぁ、、、

どうして自分を犠牲にして、

他人様のために尽くすことが、

当たり前とみなされてしまうんだろう。

なぜ?

恐怖を感じたくないから、

外からの装備を身につけて、

恐怖を感じない自分になることに躍起になってる。

備えられなかったら、

商品を提供してくれない相手を非難する。

違うよ。全然違う。

恐怖はガスボンベを売ってくれないお店のせいじゃない。

提供できない側だって、それに罪悪感感じなくていいじゃない。

目の前の人のためって、

そればっかりで、

自分の気持ちを置き去りにして、

うわべだけのみんなのためで、

心はどんどん枯渇して、

なんか、

なんだか、、、

もっと本音で生きようよ。

本音を言っても受け入れ合う未来にしようよ。

頑張るのやめて、

流れに任せて、

疲れたら休んで、

嫌なら泣いて、

無理なら助けてー!って叫んでさ。

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加