夏休みの宿題をやってみたらすごいことが起きた

SNSフォローボタン

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、古瀬郁江です。

猛暑続きの北海道も、急に涼しくなりました。

小学校5年生の娘は、夏休みの宿題に四苦八苦。

内容はというと、、、

・4教科のプリント20枚×20回

・算数のドリル1冊×2回

・国語のドリル1冊×2回

・自由研究

(文句垂れてる娘はこんな感じ)

低学年の頃のように、

日記やらなんとか表とかは無くなったものの、

プリント20回とか一体何!?

で、恐ろしいことに、

子どもには「なぜ20回やるのか」が全く伝わっていない!

「先生が20回やりなさいっていうからやらなきゃいけない」

という解釈でしかないんですよね。。。

私がなんども

「授業内容を理解して問題を解けるようになるのが目標で、

20回が重要じゃないんだよ」

「20回やっても理解できなかったら意味がないし、

理解できれば20回やらなくてもいい」

と説明しても、うじうじ。

先生の影響力って強いなー。

(先生がベッカム並みにイケメンならやる)

で、やりたくないから進まない、、、

文句ブーブーたれてやらない、、、

わからなくて聞いてくるけど説明しても聞かない、、、

私は宿題なんて別にやらなくてもいいと思ってるんですけどね。

やっぱりそこで「やらないで行く」という選択をするのは勇気がいるから仕方がないよね。

私は学生時代、算数が大好きで!

娘の勉強を見るのも嫌いではない。

しかし!本人のやる気が出ない。笑

なんなら私がドリルやりたいわー!と思っていた矢先、

心屋仁之助さんのブログに宿題の記事が。→これ

あまりに面白くて娘に読ませたら、

「ママ、ドリルやって〜算数好きでしょ〜」と。笑

娘にとってのメリットはわかるけど、

ママにとってのメリットがわからないから、

それを提案してくれたらやってあげるよ!と交渉術も教え、

結局1日2回家の片付け&掃除をしてくれるのを条件に承諾w

早速昨日からドリルをやっております。笑

で、やってみて面白いことが起きました!!!

(ガビョーン!)

なんかね、

「得意なことと得意なことの物々交換」

が目の前で繰り広げられたのね。

これってきっと、古代から当たり前に行われてきたことだと思うのよ。

自分にとって苦手なことをやってもらって相手に感謝もするけど、

自分にとって息するみたいに楽なことで感謝される経験もセットになってんのね。

これね、すごい大切!!!

頑張って努力して感謝されるんじゃなくて、

鼻くそほじってるくらいでメチャクチャ感謝されるって経験。

これを実感したら、誰かの力になることのハードルが一気に下がるし、

支えあうっていう概念がガラリと変わるね。

牛乳嫌いの友達の牛乳を飲んであげるみたいなレベルだよ。

豆パンの豆嫌いだから食べて〜ってことだよ。

ある人には拷問に近いことでも、ある人にはヤッホー!なこと。

これが「働く」ことの原点だなって思ったのだ。

(この子たちなんて、寝てるだけで人間のこと喜ばしちゃってるもんなー)

あともう一つが、

私が楽しそうに問題を解いていたら、

「これはわかるよ!」「ここは自分でやる」って自分で言い出した!

私には問題の意図が見えるし、

何が難しくて理解できないのかがわかるから、

「ここは概念だけでも教えておいたほうがいいな」っていうところで説明をすると、

楽しそうに話を聞くんだよね。

そしてわからないところを教科書引っ張ってきて調べ始めるのよ。

これが主導権が全て自分にあって、

自分が理解して解かなきゃいけない状況だと億劫なのに、

私に主導権がある状態で、横から眺めてる立場だと、

肩にのしかかる責任が軽減されて、

その分「学ぶ」ことにエネルギーを充てられるんだろうなぁ!

これはすごく面白かった!

結局私にやってほしいところは、

「わからない」んじゃなくて、

「できるけど面倒臭い」部分なのだ。

(確かに私も子どもの頃は、できるけど割り算とか面倒だったしな)

私はもともと「出来ればそれでいい」と思っているし、

実際宿題もほとんどやって行った記憶はない。爆

(先生に当てられないよう存在を消すことに力を注いでいた、、、)

「自分が進む自分だけの人生を生きていくために、

必要な才能や能力、知識、技術、学びや出会いは全て備わっている」

そう信じているから、

苦手なことを使わなくては生きていけない人生は、

もともとその人が歩む道とはズレてるんだよ。

小学校ってのは沢山の学びと出会って、

何が好きで、何が苦手でってのを知る場でもあると思うの。

多くの出会いの中から好きな分野を深める出会いの場に過ぎないと思うんだ。

だから、苦手なことはテキトーに乗り越えればいい。

(そんな私は世界史のテストで4点をとった。それでも生きている)

そんなわけで、家の中は綺麗に保っているわけです。

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加