自分の幸せを他人に明け渡さない生き方

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、古瀬郁江です。

日本へ一時帰国をしてもうすぐ3ヶ月。

この3ヶ月を一言で表すのなら、、、

濃厚でした!!!

濃い。なんとまぁ濃かったこと。

とはいえ、心が大きく揺れる出来事はそこまで無く。

ただただ「自分の行き方に戻っていく」たいわのお仕事に全力投球な日々でした。

(まさに働きすぎ)

バリでのんびり生きることを身につけた私にとって、

子どももいない(平日)、仕事もない、予定もない、

完全なるオフの日が月に1回というスケジュールは、

かなりキツかったです。

それでも、もともと頑張れちゃう人なので出来ちゃうんですけどね。

自分とのたいわが深まる前の自分と今の自分で、

大きく違うことは何かといえば、

「一つ一つを自ら選択し、その意図を自覚して責任を負う」

という意識があるかないか。

この意識があるから、

全ての出来事に肚から納得をしているし、

文句など出てこないのです。

もちろん体力的な疲れはあるし、

家事なんかは体が動かないこともありましたけど、

「こんなに疲れてるのに!」とか

「どうして手伝ってくれないの!」とか

そういう誰かにぶつけたくなる感情は出てこなかったなぁ。

良きことですね。

(あぁ、こんな風に開放する時間が恋しいな)

ここまでビッチリと仕事を入れてみてわかったことは、

私には「私を感じ、その思いを咀嚼し、熟成させて表面に現れる」という、

自らのペースに合わせた感じる時間がもっと必要だな、ということ。

自分とのたいわの時間こそが、

私自身の安定を保つ方法なんだと気がついた訳です。

もう、私自身がたいわが好きで好きで仕方がない。笑

で、その「好き」という気持ちをそのままに感じていられるために、

心の余裕を持つようスケジューリングすることは大事なのです。

ここは、本当に大切。

子育ても、

子どもに「可愛いよ」と伝えることよりも、

つい「可愛いなぁ」って言ってしまう心の余裕を保つことの方が、

ずっとずっと大切。

ま、そんな訳で。

今年の夏休みはお仕事入れずに自分の時間を過ごすことにします。

(バリの空が懐かしい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする