親との関係よりも根深いもの

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、古瀬郁江です。

今日は、

最近の私の中のブームについてお伝えします。

(なんやねん)

人生の中で苦しくなったり、ねじれてしまうことの原因って、

親との関係

って言われてるじゃないですか。

お母さんにもっとこうしてもらいたかったーとか、

お父さんとこうやって過ごしたかったーとか、

こんな風に扱われて傷付いたーとか。

私も散々やってきましたし、

このブログを読んでる方の中にも、

「向き合ってきたよー」っていう方が多くいらっしゃるんじゃないかと思います。

私に直接会った方だと知ってる方も多いと思うんですが、

私の中にまだ居残っているラスボス(深い傷)がいて、

現在その蓋がですね、ようやく開き始めたんですよ。

それがなんと、

お姉ちゃんとの関係

(えっ!これユーカリじゃないの!?)

これって、

親がいなかった私だから、

母親代わりをさせられた姉と妹の関係だったから、

そう信じていたんですよ。

でもね、

実は今、我が夫も過去の感情の蓋を開けている最中なのですが、

弟への感情

が私と同じくらい日常生活に散りばめられているのです。

(彼らはまさに現在進行形でムカつき傷つき体感中)

第一子であれば、

自分には許されてなかったことを弟妹はやらせてもらえてる理不尽さとか、

自分の我慢や苦労を理解してもらってない怒りとか。

第二子以降であれば、

いつも上から目線で見下されることへの反発とか、

すぐに介入してくる(向こうは手助けだと思ってる)無神経さへの怒りとか。

それはもう、

父親、母親への感情と同じか、

それ以上のパワーを持っているのではないか!

(ぎゃあああああああああああ!)

しかもタイムリーなことに、

兄弟姉妹間の確執が浮き出してきてる人が、

私の周りに多いこと、、、

なんですか?これ。流行りですか?w

「キョウダイ仲良くしなさい」

「親は先に死ぬんだからアンタたちで協力するんだよ」

そんな言葉も呪縛ですね。

というわけで、

子どもの兄弟げんかは、

できる限り介入せず、

好きなだけやらせてあげたい。

そんな風に思いながらも、

つい自分の子に私と姉の関係を重ね合わせて、

心揺さぶられてしまう私です。

(せっかくなので私の感情昇華に利用させてもらってます)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする