ぼく、ママとケッコンする!

SNSフォローボタン

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、古瀬郁江です。

我が家の4歳年中男子の話。

(保育園の運動会でメダル貰って得意顔)

幼児期の成長は特徴的で、見ていてとても楽しい。

4歳の誕生日が過ぎて3ヶ月、

ここへ来てようやく「ウソ」をつくようになってきました。

「ホラ吹き4歳」

そんな風に言われる年中児。

現在小5の娘も、年中の夏頃に大きな嘘をついて、

私にこっ酷く叱られた過去があります。

(今思い返すと、そこまで怒ることでもなかったかなーと思う)

娘の場合は、コソコソとした感じの嘘をついたもんだけれど、

我が家のゴーイングマイウェイは違う。

「今日ね、〇〇でね、××だったんだよ、、、

「ウソじゃないよ」

(へっへっへー)

男子、単純すぎてかわいい。

シンプルでいい。うん。

ちなみに、

「さっき〇〇したよ」

「ウソだよ」

っていうバージョンもあります、えぇ。

(1人でホクホクしてるこの表情がいい)

ちなみに、4歳の誕生日前後には、

「自分を棚に上げて周りのお友達の悪いところをあげつらう」

という素晴らしく正しい成長も垣間見ることができました。笑

例えば、同じクラスのお友達が、

今日どんな風に怒られていたのかとか、

何ができなかったのかとか、

そういうことを得意げに話してくれること。

これも立派な成長なんですねー。

この時期特有のことなので、

あまり神経質にならずに「ふーん」って言っておけばいいです。

そういえば、最近はそんなことも言わなくなったな。

変に押さえつけたり、そんなことはいけないと止めさせようとしないで、

何も手を加えなければあっという間に過ぎるものなんだな。

(よさこい的な衣装もキマっていたぞ)

そしてここ数ヶ月で出てきたのが、

「ボクね、ママとケッコンしゅる!」

ほほう。

「ケッコン」という概念が出来上がるのもこの時期なのかー。

(「嬉しい♡」ってならずに分析しちゃうのは発達マニアの私らしい)

確かに娘も4歳の誕生日から半年過ぎた頃、

急に「〇〇くんとケッコンしたい」とか言い出したなぁ。

キャピキャピするTHE・女子!っていうタイプの子ではなかったので、

いきなり告白された相手の子も動揺していたけれども。笑

家族っていうものが見えてくるんだろうな。

「好きな人、嫌いな人」というカテゴリー分けから、

見えている世界に様々な分別がついたのかな。

そう考えると、3歳で母が亡くなった私が、

母に対する愛着のようなものを感じられないのにも納得がいく。

そんなわけで、

4歳男子、ケッコンはママとパパとおねえちゃんとするらしいです。

君の考えるケッコンならば、

それはもう、すでにケッコンしているのではないのか???

なんにせよ、この時期の発達が一番面白い。

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加