その怒りは自分のものではない、かもしれない

こんにちは。

日本に一時帰国中、たいわ士ふるせいくえです。

先月から札幌に一時帰国しています。

一年で一番暑い時期のバリ島から、桜が咲き始める札幌へ。

(おうちの近所の桜。曇り空が残念)

2年ぶりの桜はとっても綺麗ですが、、、寒いです。苦笑

今回で5回目の一時帰国。

今までと同じく今回も気がついたことがありました。

「この国は、大きな怒りの集合意識体に覆われているかもしれない」

バリで生活を始めて2年が経ちます。

その間、何度も何度もバリに移住した理由を聞かれる機会がありました。

大きな理由は子どもたちを安全な場所で育てたいという想いでしたが、

最近になって「日本を覆うエネルギーが嫌だ」とぼんやり感じていました。

常に正しく在らねばならない

迷惑をかけてはならない

人の領域に踏み込んではならない

時間に正確でなくてはならない

常に早くなければならない

。。。。。

日本の常識や採用してるルールが、一般常識として暗黙の了解になっていて、

私にとってはそれらは全て「頑張らなくてはできない」ものばかり。

自分のそのままでいられないから本当に苦しいのです。

(北海道神宮の桜も見頃でした)

そして今回、久しぶりに日本に戻ってきてわかってしまったんです。

私の心が確かに拒否反応を起こす理由が。

私は目に見えない集合意識体に大きく影響を受けてしまうということに

実は日本に戻ってくると、

バリでは出てこないような怒りが爆発します。

バリではもう少し落ち着いて対応できるようなことが、

日本ではすぐに怒りになって爆発してしまう。

日本に住んでいる時もそうでした。

子どもに対してイライラが止まらないのです。

もちろんインナーチャイルドや過去のトラウマなど、

私の心が原因だった部分もたくさんありました。

それでも最後の一歩、あと少しがいつも抜けきらない、

すっきりしない感じがある。

バリに移ってからも長い時間、

私の心に染み付いたそれらを剥がすのには時間がかかりました。

それでも最近になってようやく一山越えた感があったんです。

それが、日本に戻ってきて一週間もしないで、

また昔の自分のように小さなことでイライラしている。。。

実は私だけではなく、同じように娘も息子もイライラする頻度・沸点が変化しています。

これは、私の中にあるんじゃない。

私は(私たちは)何かに影響を受けてしまってる。

多くの日本人が抑えて溜め込んでいる「怒り」のエネルギーが、

集合意識体となってこの国を覆い尽くしているんじゃないか?

とピンときました。

そしてそれは、

ここ最近で少しづつ見えてきた、

「私が生まれる前に約束してきたこと」と、

大きな関係がありました。

続く

(バリの青空が恋しいなぁ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする