今更ながらオゴオゴとニュピの話

SNSフォローボタン

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、ふるせいくえです。

春分が過ぎましたね!

新しい一年の始まり、あけましておめでとうございます。

バリでは魚座の新月の日がサカ暦の新年(Nyepi/ニュピ)にあたり、

前日は大きな音を出して悪霊を呼び覚まし、

それらをオゴオゴと呼ばれる鬼のような怖い人形に宿らせて、

最後に焼きはらうという儀式が行われました。

(本番はライトアップされて目が光る!怖い!)

オゴオゴのパレードは夜ですが、

各家庭でも夜の6時になると、

火を焚き、大きな音を出して地面を叩き悪霊を起こします。

たくさんのお供え物を置いて、それらを食べていなくなるんだとか。

0時と6時という時間は、目に見えないものが移動する時間と言われていて、

1日3回(朝6時、昼12時、夜6時)にテレビもラジオもマントラが流れます。

もしかしたら夜中の12時にも流れているのかなぁ?

(今年2回目の息子も、大きな竹の楽器を抱えて楽しそうに打ち鳴らしておりました)

翌日は打って変わって静寂の一日。

再び悪霊がやってこないように、お家の中で静かに過ごす日。

外出禁止、火や電気の使用が禁止、一切の労働も禁止。

道路には村の警備隊が巡回して、外出しないように見張っております。

(でもその目をかいくぐって、近所の子供が遊びに来たりもします、笑)

ニュピはイブお手製のソトアヤムの日。

お鍋いっぱいに作ったソトアヤムを食べて過ごします。

私も前日におかずをこさえておいたのですが、

普段お肉をあまり食べないのに、

鳥手羽をゆで卵と一緒に炊いておいたもんで、

三食とも肉を食べることになり体調が崩れました、、、

ダメですね、来年はサラダを大量に用意しておきます。

(ソトアヤムとはインドネシア風チキンスープ)

バイクの音も、工事の音もなく、

一日中鳥の声と虫の声、そして風にそよぐヤシの葉の音ばかりが聞こえる日。

本当に素敵な一日!!!

ニュピの日のお昼寝の心地よさったらないですね。

今年もしっかりお昼寝させていただきました。笑

夜は真っ暗な闇夜に浮かぶ満天の星空。

日が落ちるほどに増えていく星の数々。

今年初めてニュピを体験した娘は、

あまりの星空の美しさに言葉を失い、

「これ、頭に焼き付けておこう、、、」とポツリ。

去年は暗闇が強くて星空をほとんど見上げられなかった息子は、

ようやく今年は星を楽しめるようになりました。

「ヤヴァイ!ヤヴァイね!」と、

ひたすらヤバイを連呼していたのはちょっと気にかかりますが。

あの星空を写真に収められないのがいつも残念だけれども、

是非とも皆さんには実際にその目で見て欲しいなぁ!

と思う景色です。

ニュピが好きでニュピに合わせてバリに来るツーリストもいるくらいなのでね。

3月ももうすぐ終わり。

月末にはおうちのお寺のセレモニーがあるようで、

毎日準備が進められています。

娘も今週で3学期が終わり2週間のお休み。

息子は通常通り通園です!

ちょっとバタバタしそうな今春、一つ一つ進めていこう。

まずは日本行きの飛行機チケットを取らなくては!

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加