思春期へのカウントダウン 10歳という節目と母がやれること

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、ふるせいくえです。

10月からバリ生活をスタートした長女。

まる4ヶ月が経ち、学校も楽しそうに通っています。

日本では4年生ですが、ここバリ島ではグレード5!

ちょうど年度変わりの7月末生まれなので、

学校によってはグレード4なのかもしれません。

ここら辺テキトーなのがインドネシアですね。

スポンサードリンク

いわゆる高学年の域に入り、

体も心も大人に近づいてる感が半端ない彼女。

小さな頃は寝起きシャッキリ!早起きすぎるほどに早起き!

寝起きの一言目は「お腹すいた!」だった彼女が、

朝もグダグダ、寝起きも悪い、起きるのが遅い、という毎日。

もうこれはホルモン様の仕業に違いない!と思うわけです。

体の中が確実に大人に向かって変化を始めているんだろうなぁ。

それに合わせてイライラしたり、屁理屈言ったり、

なんだかもうめんこくない(可愛くない)態度も増えてきましてね。

仕方ないですよね。

きっと自分でもコントロールできなくてイライラしちゃうんだと思うし。

(2016年にバリに来た当時はまだあどけなかったのにな)

先日の私の中耳炎悪化からの息子発熱のその時、

実は娘も謎の腹痛に襲われていたようで。

東南アジア特有のアメーバなどの細菌が入ったか?

と思ったけれど、下痢もないし嘔吐もない。

くしゃみしたら痛いって、あばらにひび入ってるんじゃない?

いやーもうママはわからないよ!

あなたの体はあなたのもんだから!

私も疲れがたまって、娘の面倒見るのも嫌気がさしててですね、

知らんわ〜と放置していたわけです。

でもあまりにイライラして息子にもトバッチリが来るもんで、

「レメディ摂ったら?」と一言言いまして、寝たわけですよ。

そうしたら翌日、みんなよりも先に目覚めた娘は、

ホメオパシーの本を自分で読み、自分でレメディを選び、摂っていた!

私も思い立ってシイピアを一つ摂ったら、娘に優しくできた!笑

そのあとで、何のレメディを摂ったのか、

その痛い場所は肝臓の場所だよ、

肝臓はカンカンに怒る!の肝臓だから、

怒りがたまると悪くなるんだよ、と、

痛い場所にお手当てしながら話をしました。

すると娘が、

「レメディの本にも書いてあった!」

「イライラして暴言を吐くとか!」

「自分でどうにかこうにかしなさいって書いてあった!」(本当か?

「だからSくん(弟)に怒ってたんだ!」

とベラベラ話し出す。

一気に安堵の表情に戻り、

普段甘えられない娘の方からハグを求めてきましたよ。

(4ヶ月前、2度目の渡バリ時でさえ雰囲気が違う!)

10歳頃って、

理性がグンと育ってきて、

今まで自由にさせてきた感情との折り合いのつけ方に、

苦労したり振り回されたり、葛藤する時期なのかもな。

きっと今回も、

「イライラする自分」と「イライラしたくない自分」

「なぜイライラしてるのかがわからない」

「どうしたらこのイライラを鎮めることができるのかがわからない」

そんな混沌の中でもがいていたのかもしれない。

だからレメディの説明書きと、

母からの肝臓のお話で、

自分で自分のことを理解できた嬉しさで、

顔からパッと曇りが晴れたのかもね。

大切な人に自分のことを知ってほしい!わかって欲しい!

という時代を通り過ぎて、

自分で自分のことを知る、理解してあげる。

そんな時期に突入してるんだね。

だからもう、

母は子どものすべてを理解してあげようとしなくて良くて、

自分自身と向き合う術を手に入れるためのサポートと、

「自分を知ろうとする彼女」を理解してあげたらいいだけなのかな。

そんなことを思う日々。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする