みんな同じで、みんな違うという真理

SNSフォローボタン

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、ふるせいくえです。

日本から一歩外に出ると、

日本人の私は常に「外国人」になる。

はて、何をもって「外国人」とするのか。

日本にいたとすれば、

日本人とそれ以外という違いだけれど。

私から見れば、

インドネシア人も外国人で、

アメリカ人も外国人。

でもインドネシア人から見れば、

私も他の観光客も外国人。

そう思うと、

「外国人」って一体何なんだろう、

その定義は実は同じようであって、

その人それぞれで異なるんだな。

もしかしたら既に、

「外国人」という概念自体を、

こんなにも握りしめているのは、

ごく一部の人達だけかもしれない、

なんてことも考える。

実際に、ヨーロッパなどの地続きの国々や、

アメリカのようなかつて多くの移民がやってきた国は、

生まれと育ちが違う国だったり、

両親の国籍が異なるのは、

思った以上に多かったりするから。

スポンサードリンク

日本という結局はベースは同じ場所ではなく、

全てが異なる海外に出てみると、

そして異なる生き方をしてきた多くの人の話を聞けば聞くほどに、

「正解」なんてどこにもないと思い知らされる。

そして、

肌の色も瞳の色も髪の色も違っても、

考え方も生き方も好きなものも違っても、

結局はみんな「同じ」なんだと気がつく。

そんなそれぞれ違う人たちと、

そして結局は同じな人たちと、

同じ空気を吸い、同じ景色を眺め、

同じ空間で、近くや遠くで関わりあって、

こうやって生きているというのは、

とても不思議なことでもあるし、

とても豊かなことだなぁと思う。

つい足りないところを人と比較してしまう癖は、

そう簡単には抜けない。

でも目の前に素敵な人が現れたら、

自分もこうなりたいなって思う人が現れたら、

真似してみよう、出来そうなことを取り入れようと、

そう純粋に思えて行動できる自分がそこにいる。

失敗したくないという思いは、

正解があるという前提で。

でもその正解は、

実は無数にあって、誰にもわからない。

目の前のその人の生き方や行動が、

「正解かどうか」なんて、

実は誰にもわからないことで。

だから羨むことも、

自分と比べて落ち込むことも、

必要ないことなのかもね。

答えを探してきたのに、

答えがないという答えを受け入れるのは、

やっぱり勇気がいる事だけど、

それでもやっぱりそうなんだから仕方ない。

つまりは、

全て自分で決めていい

っていうことなんだ。

自分とは違うと思う相手は結局自分と同じで、

正しいと思っている答えは無数にある。

そんな混沌の中で生きていくことの豊かさ。

スポンサードリンク

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加