猫に噛まれて狂犬病ワクチン接種!犬だけじゃないよ。バリの動物には気をつけよう

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、ふるせいくえです。

先日、我が息子3歳8ヶ月が野良猫に噛まれまして。。。

傷口はポツッと歯の跡がついた程度で、

大きな怪我ではなかったんですけれども。

(噛まれて6時間経って傷口は少し塞がってきてる)

大家さん(バリ人)にすぐに手を洗っておいで!と言われ、

石けんでゴシゴシ洗い、

強い消炎作用があると言われるカユプテオイルをドバッとかけ、

こっちで売ってる消毒液(手に茶色が残る感じの)で消毒をし、

絆創膏を貼って一言。

「Tidak apa apa.(大丈夫)」

、、、え?本当?

「犬はワクチン打つけど、猫はしっかり洗って消毒すれば大丈夫」

だそうで。

幼稚園で会ったパパ友(バリ人)に聞いても「猫は大丈夫」。

そ、そうなんだー。

念のためネットで調べてみると、

「猫も狂犬病感染する」

「猫に噛まれて死亡@バリ」

ヒィィィィィィィ!!!!!

死ぬやんか!これ死ぬやつやんか!!!

狂犬病持ってたら確実に死ぬやつ!!!

あまりにバリ人の「え?大丈夫だよ」っていうノリが軽くて、

考えすぎ?本当は大丈夫なの?

お金稼ぎのために恐怖煽ってる?

とか余計なこと考えてぐるぐる。

今回の調査結果はこちら

猫は大丈夫派:

イブ「石鹸で洗って消毒すればOK」

大家さんのお姉さん「肩から上を噛まれたらワクチン必須」

バリ人パパ友「猫は大丈夫」

ウブドローカル病院→イブ「石鹸で洗って消毒したら大丈夫」

ウブド救急病院「(バリ人のローカルルールとして)私たちは通常洗って消毒しています」

日本人先輩母さん「ローカルには血が出たらアウトというルールがあるらしい」

猫でもやばいでしょ派:

ウブドローカル病院→私「(野良猫は)他の病院を探したほうがいいです」

たけのこ治療院「大丈夫とは言い切れないけど、打ったほうが安全」

当の息子は噛まれてからテンションが一気に下がり、

気持ち悪いくらいすごく疲れた感じでぐったり。

幼稚園から帰ってきてもすぐにお昼寝、長時間。。。

(翌日知ったんだけど、この日は幼稚園でもお昼寝していたらしい)

日本語の通じるたけのこクリニックに電話した時、

ワクチンのある病院を調べてくれたので、

安全のために打つことに決めました!

タクシーで向かったのは、

クタに限りなく近いデンパサール?にある、

SOS Medika Klinik Bali(International SOS)。

夕方の渋滞の時間帯っていうこともあり、

タクシーで2時間かけて到着。

無事に狂犬病ワクチンを打ってもらいました。

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。(深いため息

なんだよもう、ローカルルール。

人間が狂犬病発症したら致死率100%とか怖すぎだよw

「万が一=死亡」とかどんな構図だよ!

ちなみに息子、一晩ぐっすり眠ったら、

前日の気持ち悪いまでにぐったりとした症状が消え、

いつもの息子に戻っておりました♡

はー!安心!

大人は3回らしいのですが、

子どもは一度に入れるワクチンの量が少ないのか全部で4回。

2週間ですべてコンプリートするスケジュールです。

3年8ヶ月NO予防接種で育ってきた息子の初ワクチンが狂犬病w

ホント、ネタには尽きない男です。。。

傷口は3日間ほど赤く腫れて、

動かすのも触れるのもかなり痛かったようですが、

ネットで「猫の咬み傷はラカシス」と見つけて、

朝昼晩の3回、そして夜にベラドーナを入れていたら、

一気に回復してきました。

(噛まれてすぐはリーダムとアコナイト、ハイペリカムも)

その様子を見た娘。

「神様にお願いしたからじゃない?」

いつの間に短冊。。。(短冊www

バリは野良風の犬が(本当は野良じゃないんだけど)いっぱい歩いてて、

しかもこれが結構吠えて、追いかけて(後をつけて)くるから怖い。

数年前に野良犬の一斉駆除をして随分と良くなったようですが、

(まぁその話も違う意味で怖いものがありますが、、、)←きになる人はググってみて

やっぱり気をつけなきゃいけないですね。

ちなみに、なんで噛まれたかって?

大家さんの敷地内に野良風の猫が入ってきて、

怪我してるのか俊敏に動けず、

家の犬2匹が近寄ってって吠えまくってて、

そんな中を彼は近寄って猫を抱っこしようとしたらしい。笑

優しいんだか、アホなんだか。。。

皆さんもバリ旅行の際は狂犬病にお気をつけください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする