たいわセッションってすごい!変わるんじゃなくて思い出していく「自分と調和する」という生き方

SNSフォローボタン

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、ふるせいくえです。

今日は珍しくたいわのお話を。

私がたいわを大好きな理由、

そして私の思うたいわについて。

日本への一時帰国中も対面でのセッションを行っていますが、

ネットが繋がるお陰で、バリにいる今もセッションをしています。

やっぱりたいわってすごいな、面白いな、

そんなことを毎回感じます。

(当の本人は辛くてセッションを申し込まれるわけですから、

面白いどころではないんですけれどもね)

今目の前にある灰色の心が、

紐解いてみるとそれ自体は単なる結果であって、

実は思いもしなかったところに大元の原因があった、、、

そんなことは珍しくもなんともないけれど、

それに気がついた時の、

「今目の前にいる驚いた私」と、

「心の奥にいる喜んでる私」と、

その両方の反応を見れるのが面白いわけです。

その気づきの瞬間って、

ほそーい針に糸を通せたときみたいな、

耳の奥にあった耳くそを取れた瞬間みたいな、

アポロチョコのピンクと茶色のチョコを綺麗に分けられたみたいな、

そんなスッキリ爽快感も同居しているわけで。

(どんな例えだよw)

その気持ちよさや、嬉しさ、安堵感に包まれる、

なんとも言えない幸福感を知っているから、

「でしょー!」って言っちゃうし、

「ほら~!」ってにやけちゃうし、

「だよね!」って笑顔になっちゃう。

なんというか、

自分のことなのに自分が全然わかってないところ、

そこから少しづつ思い出していって、

なーんだ!そうだったよねー!って笑顔になっていく。

その姿がなんとも不思議で、

人間の複雑なようで単純な構造に面白いなぁって思うわけです。

私のたいわセッションは、

1年間のアフターフォロー付き。

困ったり、辛くなったらいつでもメールでやりとりできます。

何故かというと、たいわって「日常そのもの」だから

セッションの1時間は、

もちろん大きな気づきもあるし悩みも軽減する。

でもそれはあくまでキッカケにしか過ぎなくて、

「そこから本来の自分自身に出会っていく旅が始まる」のです。

長年重く堅い扉で閉ざされていた心が1時間のセッションで開いていく。

その後に待っているのは、

現実世界を生きながらにして時空を遡るパラレルワールド。

はじめのうちは、

なんだかよく分からない状況に、

感情を揺さぶられ、振り回され、

現実世界に大きな影響を及ぼしてしまうことも珍しくありません。

そこで道を間違うとさらに負のループにハマることもあるし、

これ以上耐えきれないと一度開いた扉を再び閉じてしまうこともある。

「今までの自分は終わりにする」と決意した勇気を無駄にしないよう、

「たいわの日常」にこそたいわ士としてサポートしていこう、

そういう思いがあるのです。

ガラリと考えそのものを変えるだけで一気に変化する人もいます。

でもみんながみんな同じではないのです。

今まで頑張ってきた人は、頑張らないことを、

今まで流されてきた人は、頑張ることを、

ポジティブにもってくことが必要な人もいれば、

ネガティブを受け入れることが必要な人もいる。

だからみんな歩く道が違う。

でもゴールは一つ。

「私の人生を生きる」ってこと。

私が答えを知ってるんじゃない。

答えは自分の中にしかない。

まるで宝探しゲームのように、

私は暗号を読み解くためのヒントを与えるだけ。

歩くのはあなた。

探すのはあなた。

出会うのも、あなた。

新しい自分、理想の自分に変わるんじゃなく、

本来あるべき姿に還っていく。

たいわはそんな表現がしっくりきます。

どんどん歪んで形を変えてしまったから、

今の不協和音が存在するだけで、

もともと在った自分に戻れば全てが調和していく。

それが私のたいわです。

本来の自分に戻りたい方を全力でサポートします。

たいわセッションメニューはこちら

スポンサードリンク

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加