「感謝しないとね」は余計なお世話どころか、批判でしかない

こんにちは。

バリ島在住たいわ士ふるせいくえです。

夫を日本に残したまま子ども2人を連れてバリに行くと決めた時、

「旦那さんよく認めてくれたね」

「理解のある旦那さんだね」

と周りからよく言われました。

その後、娘だけ日本に戻り父子生活となってからは、

「旦那さんすごいね!」

「ご飯も作れるの!」

「・・・・・!!!」

と天然記念物を見るかのように驚かれていました。

そうですよねー。

私もたいがいですけれども、笑

そんな私と一緒に居る旦那さんはかなりスゴイです。

スポンサードリンク

お友達などは結構前向きなリアクションなんですけど、

やっぱりこれが親族となると、

愛情が大きい分、心配な気持ちが増して、

どうしても後ろ向きなリアクションになることも多いです。

その時によく出てくるフレーズ。

「旦那さんに感謝しないとね」

私はこの一言が出てくるたびに、

心の中にもやもやっとしたものが湧いてくるのを感じていました。

確かに現実を見れば、

旦那さんが賛同してくれたから、協力してくれたから、

こういう現実を進んでいけるのだけれども。

そんなことはわかってるんだけれども。

このモヤモヤは一体なんなのか。

天然記念物並みの破天荒な私に付き合ってくれてる夫は、

同じく天然記念物並みに特別な存在なんだから、

その存在を当たり前だと思うなよ!ってことなのか。

どこかで当たり前だと思ってる私は、

すごく無礼で人として未熟なのか。

そうやって自分を責めてる時もありました。

けれどもふっと感じたんです。

「旦那さんに感謝しないとね」

の言葉の裏側に、

「あなたのやってることは他の人に迷惑をかけてるのよ」

という意味があると。

この言葉、思い返せば結構昔から言われていました。

結婚してからはいつもいつも言われていた記憶。

2人姉妹で姉は道外に嫁ぎ、

両親の墓守を長男であるにもかかわらず引き受けてくれた夫。

「感謝しないとね」

自宅出産で両親にも頼ることができない中、

家のことや上の子の面倒をすべて引き受けてくれた夫。

「感謝しないとね」

娘の夏休みに子どもたちと帰省する間、

札幌の家に残り仕事をする夫。

「感謝しないとね」

この言葉を言われるたびに、

「お前のやっていることは自分勝手だ」

「お前のわがままに旦那は付き合ってくれてるんだ」

「だからもっとそのことを自覚しろ」

って言われてる気分がして、

そもそも感謝を強要されること自体がオカシイし、

モヤモヤモヤモヤしていたと気がついたのです。

日常の中でも、

「食べ物は元は生きていた命なんだから感謝して食べよう」

というフレーズを聞くことがあります。

命の尊さを学ぶために野菜を育ててみたり、

親子料理教室に参加してみたり、

中には動物を食べない人もいます。

私はそこでも同じように感じるのです。

私は、食事に感謝をするというのは、

「いただきます!」

「おいしいね〜」

「これ好き!食べたい!」

「またこれ作って!」

「ごちそうさまでした」

なんだと思うのです。

「この一粒を作るのにお百姓さんが、、、」

「この命にはたくさんの命が犠牲になって、、、」

なんて、いちいち悲壮感漂う話なんて思い浮かばなくていい。

それが植物だろうが、魚介類だろうが、動物の肉だろうが、

全て当たり前に命で、

全て当たり前に私の命に繋がってて。

だから、

「いただきまーす!」

「やったー!今日はとんかつだー!」

「おいしいね〜最高〜」

「ごちそうさまでした!」

って食べることが、

何よりもの感謝ではないのかな。

結局、

「感謝しないとね」という言葉が出てくるのは、

その人自身がそう思ってること。

自分の行動に何かしらの後ろめたさがあったり、

やりたいことを他人のために自分の意思だけで我慢してる人。

当たり前に感謝の気持ちを抱く人は、

「ありがたいね」「幸せだね」

そんなフレーズが出てくるんじゃないかな。

感謝って、結局溢れ出てくるものなんだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする