誰かに感じる罪悪感は、結局自分への罪悪感だった

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、ふるせいくえです。

先日のこの記事の続きです。

娘との生活が始まりました。バリでのたいわの日々を振り返る

一時帰国中に感じた罪悪感。

娘年少の運動会のビデオを見ていた時、

なぜだか涙が溢れてきました。

かわいいなーって言いながら泣いてる自分。笑

一体なんだよーこれー。

自分の意思とは反して涙が出る時、

それは心の奥にいる私の涙。

そこには一体誰がいるの?

その時にぼんやり感じたのは、

娘が幼く子育てに奮闘していた時の、

何かしらの罪悪感でした。

子育て10年で経験値を積んだ今の自分が、

当時の未熟な自分を見て、

「もっとこうしてあげられたらよかったな」

「本当はこうしたかったんだよな」

そんな娘への罪悪感だったのかな、、、

そんなことを考えていました。

時間が経ってわかったのは、

娘に対する罪悪感では決してなく、

むしろ自分に対する罪悪感だった、ということ。

「もっとゆっくり向き合ってあげたい」

「もっと力を抜いて子育てを楽しみたい」

「もっと笑顔でいたい」

「もう頑張りたくない」

そんな気持ちが心の奥底にあったのに、

「今頑張らないと、この子が困る」

「この子の命を守るのは私しかいないから」

「頑張れば私はいい母親になれる」

そんな恐怖心に操られて本音を消し去っていた。

知っていたのに、わかっていたのに、

知らないふりして、気づかぬふりして、

ずっと無視し続けた自分へ対する罪悪感。

それは結局他人の考えを採用していたということ。

「豊かな心を育てるためには〜」

「豊かな感性を育てるためには〜」

「丈夫な体をつくるためには〜」

世の中に溢れている「いい子育て」の情報。

それらを採用して、

あたかも自分の意見だと信じ込んで、

かすかな心の声を押さえつけ、

「そうしなかったら大変なことになる」

という恐怖心にコントロールされていただけなんだ。

自分の中心に自分を持ってくる。

人生の舵取りを自らの手に取り戻す。

そうやって生きている今だから、

当時の押さえつけられた自分の声を受け止められたのだな。

「私の本音、私に無視された〜」

「私のこと、私が信じてくれなかった〜」

「ずっとずっとここで静かに我慢していたんだよ〜」

虐げられた自分がいることに、

その当時から気がついていたんだろう。

でも気がついてしまったら、

あの時の私は崩れ落ちてしまうほどだったんだ。

罪悪感に相手なんて関係ない。

結局は自分と自分の信頼関係の話。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする