他人を変えようとしたり、真実を気が付かせようとする人は、向き合うべき問題から目を逸らしている

こんにちは。

バリ島在住たいわ士、ふるせいくえです。

世の中にはいろんな情報があふれています。

メディアで流れてくる情報には、

真逆の内容が書かれているものも多く、

人間関係の中でも至る所に対立があったりします。

よくあるのは、

牛乳は健康にいい vs 牛乳は体に良くない

塩分は摂りすぎちゃいけない vs 塩分控えめは体を壊す

フッ素は虫歯を防ぐ vs フッ素は有害だ

ワクチンは感染症予防に必要 vs ワクチンの効果は無い

etc…

是否はともかくとして、

大切に思う人であればあるほど、

自分と反対の意見を信じている人に、

「それは違うんだよ」「本当のことを知りなよ」と、

一生懸命アドバイスをしたり、気付かせようとしてしまう人が多い。

(農薬について、有機栽培も賛否両論)

私も添加物やワクチン、放射能を気にしていたので、

その気持ちはよく分かるのですが、

それでも冷静に考えてみると、

「一番大切なことは何か」と言えば、

やはり自分自身と自分が築く家族が幸せに健康に生きていくことで。

でもそこを通り越して、

「みんなに真実を知らせなきゃ!」

「みんな騙されているのよ!目を覚まして!」

という使命感に走ってしまうのは、

「子どもとの関係で向き合うのが怖いこと」

「夫婦間の関係で向き合うのが怖いこと」

がひっそりと隠れていたりする。

そこにメスを入れるのが怖いから、

親兄弟に介入してみたり、

自分の意見を聞き入れない相手を非難したり、

どうにかして相手を変えようとしたりすることに力を注ぐ。

(気分はスーパーヒーローか、はたまた極秘情報を手に入れた捜査官)

あなたが目の前のその人を変えようとすればするほど、

相手は変化することを拒むだろう。

あなたが目の前のその人に真実を説けば説くほど、

相手は自分自身の真実を主張してくるだろう。

望んでいるのは何?

幸せに生きていくことではないの?

他人を変えることがあなたの幸せなの?

あなたの幸せは他人に左右されるものなの?

あなたが今満たされないのは、

あなたの大切な人が真実を知らないからではない。

あなたの大切な人が騙されて不幸になるからではない。

あなたは知っているはず。

本当に向き合わなきゃいけない問題を。

自分ごとに集中して、自分の中心を生きていたなら、

他人の人生に土足で足を踏み入れるようなことはしないんだ。

まして、他人の人生をコントロールすることもない。

あなたが自分ごとに集中して、自分の中心を生き、

幸せに笑って生きていたならば。

あなたの周りにいる人たちは、あなたの言葉を真剣に聴き、

一つの意見として受け入れるようになるだろう。

目の前にいる人を変えようとするのは、

自分が向き合い変えていかねばならない問題から目を逸らしているだけだ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする