自分を大事にするってことは、望むものをすべて与えることだけじゃない

こんばんは。

バリ島在住たいわ士ふるせいくえです。

今日はたいわお茶会でした。

最近はやりのキラキラ系起業の話から、

夫婦の性格の違いからのズレ、

子どものしつけ、

自分とたいわする方法、

バリに行った理由などなど、

いろーーーーんな話が出ました。

少人数のおかげで一人一人ゆっくりお話が聞けて、

なんだかとっても良かったなぁ。

今日はお茶会の中でも出てきた、

「自分を大切にすること」についてシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

ここ数年、

「ママが好きなことをして笑顔でいれば子どもも幸せ」

「自分を満たす」

「ワクワクで生きていればすべてが上手くいく」

という流れがありますよね。

私は「自分を大切にすること」自体は否定はしませんが、

その真意をしっかり見極める力は必要だと思います。

自分を大切にすることって、

行きたいところに行ったり、

買いたいものを買ったり、

欲しいものをすべて自分に与えるってことだけじゃない。

買いたかったのに買えなくて悔しい

行きたいのに行けなくて悲しい

やりたいのにできなくて虚しい

食べたいのに食べられなくて残念

さみしい、悲しい、虚しい、切ない、苦しい

そんな誰もが好んで感じたいと思わない感情をも、

「そうか、そう感じた自分がいるんだ」って認めること。

そんな私でも私がそばにいるよ、

だから大丈夫だよ、

なんにも恥ずかしくないよ、

惨めでもないよ、

そんな私でも大丈夫だよ、

ってそのままを受け入れることも、

「自分を大切にすること」です。

まして、

好きなものを買うために、

行きたいところに行くために、

食べたいものを食べるために、

やりたいことだけをするために、

嫌なことは一切見ない、関わらない、

自分がハッピーでいられるなら他人がどうなろうと関係ない、

ということでは絶対にないと思うんです。

(自分の鎖を他人に投げつけることではないはず)

「心の声に従おう」というのは、

今の自分

ポジティブもネガティブも在ってOK。
今のそのままを見る。

その上で「じゃあどうする?どういう自分になる?」

心に添って選択し生きていこう←(ここをみんな言ってる)

というプロセスなんですね。

その中でも一番大事なのって、

途中の「自分のそのままを両目で見る」ってこと。

見たくない姿も、信じたくない姿も、そこに在るんだって認めること。

そこをすっ飛ばして、

ネガティブな感情や理想ではない自分を見ないために、

「心に添って選択し生きていこう」を実践してる人の多いこと。

今現在の「ダサい自分」を見ないために、

理想の「イケてるキラキラな自分」を実行するんじゃなくて、

今現在の「ダサい自分」を認めるから、

理想の「イケてるキラキラな自分」を選択するんですよね。

(あーそこ見ない。見ない。あーあーあー)

クラスの嫌いな人を無視して、

仲間とだけつるんでワーワーやってる時。

友達と一緒の時間は楽しいけど、

視界の端っこや心の片隅には、

大嫌いなその人の影がチラチラ見えてるはず。

嫌いな人と関わりたくないから、

なるべく近づかないように、

目を合わせないように、

相手の動向を知らなきゃいけない。

でも、嫌いな人を真正面から見て、

その人のどんなところが苦手で、

どんなところが許せなくて、

どういうことに私は傷ついたのか。

それをしっかり感じて、

「で?この先この子と関わり続ける?」と自分に問う。

「もう私に対してひどい扱いをするこの子とは関わらない」

「私はいいところを見つけ合って笑い合える人と共に過ごす」

という選択したならば、

大好きな仲間と一緒に過ごしている時、

その嫌いな子の姿は既に視界から消えて無くなっているんです。

逃げれば追いかけられる。

向き合って両目で見たならばそこで終わる。

それは、

子育て方法も、食事も、テレビやゲームも、

教育方針、ワクチン、放射能、農薬、有害物質、

仕事や働き方、パートナーや親との関係まで、

人生の全てに通じること。

(関わらないために監視するという矛盾)

ワクワクを選んでるのになんか不安。

好きなことをしてるのにこれでいいのかと心が揺らぐ。

他の人の動向が気になる。

自分の生き方の理由を事細かに説明したくなる。

そんな人は、もしかしたら「逃げ」が動機かもしれません。

ネガティブな感情や、失敗から。

その根底にあるのは「恐怖」です。

逃げてる時の「ワクワク」はスケープゴート。

自分のすべてと向き合って自分軸を取り戻した時、

初めて本音が見えてくるのです。

ちょうど1年前にもこんなことを書いていました。

2つのワクワクの正体

ぜひ参考に。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする