お手当ての時間

こんにちは、いくえです。

南半球のバリ島は、今が一番涼しい時期。

乾季のはずなのに雨も多く、ひんやりした日が続いています。

今時期は観光のハイシーズンで外国人観光客の数が多くなっています。

ウブド中心部はいつも大渋滞!

それと共に観光客の乗るバイクも増えていて、

ローカルを真似した無茶な運転をする人も増えています。

(これが結構危ない。無茶に見えてローカルはローカルのルールに則っているのです)

どうか事故無くみんなが安全に過ごせますように。

スポンサードリンク

前回のホメオパシーの記事でも書きましたが、

自己治癒力(自分の力で治っていく)が大好きな私。

海外だって安心!持ち運びできる「お薬」私がホメオパシーを使う理由 その1
海外だって安心!持ち運びできる「お薬」私がホメオパシーを使う理由 その2

そんな自己治癒力マニアな私のアンテナに引っかかったのが、

ホメオパスである藤山道子さんが施していた「クラニオセイクラルセラピー」。

聞けば、ただ優しく手を当てることで心や体のねじれが自ら整うと。

結果、自己治癒力も上がっていくっていうんだから興味深い!

ホメオパシーにも共通して、

自分で整っていく、自分で調整していくってのが素敵じゃないですか!

何度も何度も施術をしてもらう方だったのですが、

冬の一時帰国の時に、なんとそのお手当てを学ぶ機会に恵まれました。

教えていただいたのは、横浜にあるumiのいえの齋藤光洋先生。

クラニオセイクラルって何?ってのもこちらに詳しく載っています。

和の頭蓋仙骨療法セミナー

***

最近、体調がすぐれない方がいて、

お話を聞いて居てもたってもいられなくなり、

図々しくもお手当てをさせてください!と申し出まして。

カタカナだらけの何するかわからない施術を、

「いいですよ!お願いします」って受けてくださったその勇気に感謝です。

1回目は体の緩むスピードもゆっくりでしたが、

「寝てるか寝てないかの感じ」が長く続き、

ゆっくりとリラックスしてもらえたようでした。

その日はお昼寝もして、夜もぐっすり眠れたとのこと。

2回目は体の緩み方も、そのスピードも見違えるほどに違う!

あっという間に身体中が緩み、内臓も元気に活動していました。

終わった後の「ほわぁ」っていうため息が、

言葉にならないあの感じが、

クラニオの全てを物語っているようで大好きです。笑

クラニオの心地よさを知っているから、

クラニオで心地よくなってもらえると、

とーっても嬉しいのです。

何か体に不調があると、

不自由や不安、恐怖などで心の方が大きなダメージを受けてることも多くて。

そしてそのストレスにさらされた心が、

また体のこわばりや不調になって現れる。

そんな風にどんどん不調を重ねていくことも多いと思うのです。

原因となる病や体の症状にアプローチしてもなかなか良くならないという時、

その周りにある心の緊張、そこから派生した体の緊張を緩めていくのは、

すごくいいなぁって思っています。

ほら、何か初めての時とかも、

緊張して挑むのと、リラックスして挑むのとじゃ、

色々変わってくるのと同じでね。

そしてクラニオの好きなところは、

ただそこにいるだけ、という、

体の中に介在しないというスタンス。

世の中のいろんなセラピーには、

宇宙のエネルギーを流したり、

波動がなんちゃら、

ブロックをなんちゃら、

ナンチャラカンチャラ〜

と、外部から内部をいじる(ように見える)ものが多いけれど。

外から自分には無い力が入ってきて、

勝手に自分の中をグリグリと調整されたら、

きっと不協和音が奏でられると思うのです。

そうやって、ただそばにいて、手を当ててるだけで、

勝手に体が反応し、勝手に体が緩んでいって、勝手に心や体が軽くなる。

そのプロセスを目の当たりにするたびに、

「人間ってすごいなー」

「自分で元気になっていける力があるんだなー」

って毎回毎回感動します。


大好きなお手当ての時間。

人間のパワーを感じられる時間です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする