日本語の通じる歯医者@バリ島 アルジュナデンタルクリニック

こんにちは。

先日、バリに来て初の歯医者さんへ行きました。

なぜかというと、息子が遊んでいる時に転び、

コンクリートに歯茎をぶつけて血だらけに、、、

ホメオパシーで対処をして落ち着いたものの、

ほんの少しだけ歯が動くので、

折れてないかどうか確認して欲しかったのです。

スポンサードリンク

行ったのはデンパサールにあるアルジュナ・デンタルクリニック。

Arjuna Dental Clinic(google map)

ホームページ

*日本人歯科医師指導のインドネシア人歯科医師

*日本語コーディネーター駐在歯科医院

とあるように、治療は日本語で行えます!!!

しかも日本の歯科技術をベースにしている!!!

お友達も通っていて評判がいいのは知っていたので、

確実にレントゲンが撮れること(ローカルだとないかもしれない)

日本語が通じること(医療用語ってわからないし)

かかりつけ歯科にしたいと思えるところ(病院ジプシーにエネルギー使いたくない)

ということを踏まえて、遠いけれど行ってきました。

ホームページを見ると分かる通り、

日本語直通電話番号っていうのがあるのですが、

普通の病院の電話番号に電話しても、

「ハイ、アルジュナクリニックデス」

って出ましたw

予約もすべて日本語でオッケー。

診察室は診察台が一つ。

先生は日本語ができないのですが、

一人日本語ペラペラな男性がいて通訳をしてくれます。

殺菌庫もありましたし、

おそらくしっかり器具は殺菌していると思われます。

シンプルながらもスッキリとした院内でした。

レントゲンを一枚撮ってみましょう、と言われ、

はて、レントゲン室はどこかな?とぼーっと立っていたら、

診察室の壁に椅子をずらしてそこで撮っていました!!!笑

「1マイダケダカラ、ダイジョウブ」と、

息子に放射線遮断のチョッキを着けなかったので、

「いる!いる!いる!」とさすがにお願いしましたけどね。

写真の結果、歯は折れていなかったので一安心。

天井の蛍光灯の光に透かして何度もじーっと見ていたので、

本当かどうかはわかりませんけど。笑

でも今の所激しい痛みもないので多分大丈夫ではないかと思います。

海外での初受診。

もう一体いくらになるんだよ!?と思ったら、

まさかの150,000ルピア(約1250円)でした。

タクシー代の方が高かったです。。。

もしも海外旅行で何かあって、

治療費が高額になってしまったとしても、

海外旅行保険の還付申請書類も作成してくれるようでした。

バリ島で歯が痛くなったり、

詰め物が取れてしまった時にはオススメです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする