寂しいと感じる時は、すでに寂しくなんかないんだ

こんにちは、ふるせいくえです。

つい先日、夢の中に亡き父が出てきました。

他界して28年で初めてのことです。

私が9歳の時にいなくなった父。

中卒で丁稚奉公に入り、

自分の店を持っていた職人でした。

私が18歳でケーキ職人の世界に入ってから、

悩んだ時やくじけた時には、

「お父さん!私はどうしたらいいの!?」と、

泣きながら空に向かって話しかける夜もありました。

そんな時、さっさと死んでしまった父を憎んだし、

「何で側にいないんだよ!ばかやろー!」

って叫びながら泣いたことも何度もあります。

せめて夢の中だけでもいい。

これ以上頑張れないギリギリの私に、

どうか「大丈夫だよ」って言って欲しい。

いつもいつもそう願っていました。

夢の中でお父さんは、

トレードマークのハンチングを被り、

私の元にやってきて「ただいま」と言いました。

私は弾んだ声で「おかえり!」と答えました。

そして私を高く持ち上げて抱っこをしてくれました。

それはまるで子どもの時のように。

その時に「やっと会えた!嬉しい!」という感情から、

「寂しかった!ずーっと寂しかった!」っていう感情に変わり、

お父さんの胸に顔をつけて気付かれないように泣きました。

その瞬間に目が覚めて、夢は終わり。

***

過去には何度も当時の思いを振り返り、

未消化の悲しみを感じる時間を作っていたのに、

今回の夢を思い出すたびに涙が滲んでしまう。

あぁ、もうお父さんには会えないんだなぁ。

現実世界では絶対に会えないんだよなぁ。

なんだかしみじみと「別れ」の悲しさが押し寄せてくる。

28年前、

父が亡くなった時には1滴も涙が出ませんでした。

その後も、私が職人の世界に入るまで、

一度も父がいなくて寂しいと泣いたことはなかったのです。

28年という時間を超えて、

ようやくお父さんが居なくなった寂しさを感じ、

思いっきり泣きました。

そうしたら、なぜだかすっきりして、

それと同時に、

「私はすでに寂しくないから寂しさを感じられるんだ」

と気がつきました。

そう、

過去の私には、

大好きなお父さんとの別れなど、

その悲しみ、寂しさ、辛さは、受け止めきれるものではなかった。

だから、

寂しかったから寂しくなかったし、

悲しかったから悲しくなかったし、

泣きたかったから泣けなかった。

でも今、

寂しくないから寂しさに浸れて、

悲しくないから悲しさに浸れて、

泣く必要がないから泣けるんだ。

安心して寂しくなれる。

安心して悲しくなれる。

安心して泣ける。

そういうものなのかもしれない。

そうならば、私はとっても幸せだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする