いじめが問題なんじゃない。いじめを問題視するのが問題だった。

SNSフォローボタン

こんにちは。

バリ島に戻ってきて1週間が過ぎました。

着いてすぐは、

北海道よりも寒いことに驚きましたが、

先週末あたりからお日様復活!

洗濯物も乾くし、とってもいい気分です。

何度も日本とバリで行き来をしていると、

丸一日かかる飛行機での移動がしんどくなってきて、

でもその割に回復が早くなってきているのにも驚き。

深夜着のフライトで、

2日後から幼稚園がスタートだった息子も、

びっくりするくらいスムーズに日常生活に入れましたよ。

スポンサードリンク

幼稚園は新年度が始まって息子より小さな子も入園。

どうなるかなー?と思ったら、意外に普通でした。

日本だと不安定になる子も多いのに。

(それって意外と先生の不安が移ってるのかもしれないね)

実は年度の最後まで居ないで日本に帰ったので、

先生との年度末ミーティングをせずにいました。

先日幼稚園に行ってこの1年間の様子について聞いてきました。

(成績表みたいなもの。ナーサリー1は日本で言うところの年少の一つ下)

入ってすぐの頃にはできなかったことも、

後期に入るとどんどん出来ていたり。

彼なりのペースで少しづつ英語を使って会話をしようとしていたり。

モンテッソーリの教材にも興味を持ち、

上手に遊ぶこともあるんだとか。

(VG=very good、G=good、AVは忘れたけどgoodの下)

この時にはいろいろ心配をしていたけれど、

「幼稚園行きたくない!」園との連携と先生との信頼関係がやっぱり大事だなって思った話

結局は私が息子を心配する気持ちや、

園や先生の対応に対して信頼しきれてなかったことが、

目の前に現れていただけなのかな、って。

私はただ、子どもと先生を全信頼するだけだなーって。

そんな話をお友達にしたら、

高校生の息子くんが言っていたことを教えてくれました。

彼の通うインターナショナルスクールでは、

いじめや嫌がらせは普通にあるんだそう。

でも先生含めて大人は誰も入って行かないんです。

彼曰く

「子どもの問題に大人が介入するからおかしくなる。

子ども同士のいじめに大人が入るから、

いつまで経っても友達と仲良くなる方法がわからないんだ」

だって!!!

いやー、本当にそうだよなぁ。

散々介入してコントロールし続けてきた結果が、

命を落とすようないじめへと発展してきたのかもしれないな。

自分や、自分の身の回りを見ていても、

トラブルがこじれて解決できなくなる時って、

関係のない第三者が口を挟み始めた時だよな。

兄弟喧嘩に親があーだこーだ言う時とか、

子どもと先生間の出来事に親が口出すとか。

パパと子どものやりとりにママが割って入るとかね(自戒も含め

ますます境界線、区別、って大事なんだな。

そしてそれは「全信頼」がベースにあってこそなんだな。

その「全信頼」は良いとか悪いとかを超越して、

「全てがそれであっても大丈夫」ってことなんだよ、きっと。

私の下半期のテーマ「全信頼」。

壮大だよ、はははーん。

スポンサードリンク

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加