手放すとはやり尽くすこと。執着の先に手放しが待っている。

SNSフォローボタン

facebookで過去に投稿した記事が上がってきました。

なかなかシンプルにいいこと言ってるなぁ、なんて。

今日はその投稿をシェアします。

テーマは「手放し」について。

スポンサードリンク

***

手放すっていうワードが、

とっても羨ましく、

多くの人が求めるものであるように見える。

手放したい!と思ううちは、

まだまだその時ではなくて。

勝手に手放されるものだと私は実感としてある。

だからその時が来るまで、

トコトンこだわり尽くせば良いし、

思いっきりやり尽くしたら良いし、

ドーンと浸って感じ切れば良い。

あんなにこだわっていて、

最高!美味しい!大好き!

と思っていたヴィーガンおやつ、

実はもう全く執着してません。

2歳の息子には、既に生クリームのケーキも食べさせてるし、

無添加のポテチも与えてます。

もちろん、全く罪悪感なし。

作りたいという気持ちすら湧いて来ない。

罪悪感が残るうちは、まだまだ残ってます。

だからお腹いっぱいになるまでやり尽くそう。

良いとか悪いとか無いの。

それぞれ、必要な事なのだ。

だから安心してこだわって。

安心してそこに浸りきって。

お金がなくて不安なら、とことん不安になればいい。

こどもに向き合えないのが嫌なら、出来ない自分にとことん絶望すればいい。

アイツが嫌いなら、思いっきり嫌えばいい。

そこに罪悪感をのせるからこじれるんだ。

感情に良いも悪いも無いのだから。

感じるのは自由。

それくらいの自由を許可せずに、

他にどんな自由があるんだよ、っていう話。

***

手放すっていうと、

持っているものをポイっと放り投げて目の前から消す、

みたいなイメージがあります。

もういらないから捨てる。

持っていたくないから捨てる。

必要ないから捨てる。

でもね、

今あなたが手にしているそれは、

あなたにとって必要だったからあるんだよ。

そしてそれによってあなたはたくさん助けられてきたはず。

望む、望まないに関わらず。。。

しっかりとそのお役目を終えた時、

何をしなくとも勝手に消えてなくなるから。

うす目開けてなんとなくその姿を確認してるだけで、

視界の横にぼんやり映り込む程度でしか存在を認めないで、

「こんなの持ってる自分ありえない!手放したい!」

「私はこんな人になりたい!だからこれはいらない!」

ってやってるうちは終わらない。

認めたくない自分の姿、

自分の中にある醜い姿を直視したくないから。

そんな私が存在することすら信じたくないから。

今すぐ消えてなくなれば全てがなかったことになるから。

そんな思いの手放しは、いつまでも終わることはありません。

とことん感じて、

とことんやり尽くして、

とことんこだわって、

とことん絶望して、

その先に本当の意味での手放しが待っている。

そしてやり尽くした後の世界は、

もうどこにだって行けるんだ。

もう何にだってなれるんだ。

そうなったらこっちのもの。

スポンサードリンク

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加