ガスコンロに乗せて焼くオーブン!?インドネシアのアナログオーブンでケーキを焼いてみた

SNSフォローボタン

バリに来て初おやつは、

電気オーブンを貸りて焼いたヴィーガンごまスコーン。

計りも十分な道具もなく、

いや、さらに言えばレシピもなく、笑

全てが目分量だったもののそこそこうまく焼けた前回。

あーやっぱりオーブン欲しいなー。

カリッカリの皮のシュークリーム食べたいなー。

という訳で、リサーチしてリサーチして、

我が家に迎えたバリ島での相棒がコレ。

その名も「福ちゃん」。

オーブンの側面に謎の「福」の字。。。

中国製?と思ったらHOCKという会社、

正真正銘インドネシア製でした。笑

去年の秋にデンパサールで購入し、

バイクの後ろにくくりつけてウブドまで持ち帰ってから、

幾度となく登場している彼。

ベーグルなんてお手の物。

念願のカリカリ皮のシューもバッチリ。

そしてなんと、厚みのあるジェノワーズだってしっとりふっくら!

アルミ缶みたいな姿だけど、

「本当にあってんの?」ってくらいチープな温度計だけど、

想像していた以上にちゃんと焼けてびっくり。

実際これを使ってパンを焼いている人が、

慣れるまでに1年くらい掛かったと言っていたので、

ここだけの話かなり覚悟をしていました。

しかも説明書には「チキンロースト、パン、クッキー」しか書いてなくて、

「ケーキ」の文字がどこにもない!!!

正直、やっちまったかな。。。と後悔したのは今だから言える話。笑

いやー!なかなかいい仕事するよ、福ちゃん!

レシピと温度と時間だけで仕事をしてこなくてよかったなーと、

しっかり化学の部分も突っ込んで勉強してきてよかったなーと、

この時ほどに思ったことはないでしょう。

自分、グッジョブ。

そして、福ちゃんグッジョブ。

我がパティシエ人生に於いて、

まさかコンロの火に直接かけて焼くオーブンを使いこなす日が来ようとは。

だから人生はやめられません。

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加