節分ってどう説明する!?私の英語力

明日は節分。

季節感のないバリに居ても、日本の文化は大事にしたいタイプの私。

私と息子の2人なので、鬼のお面をかぶって豆を投げるのは難しいだろうなと思い、

風船で鬼の顔を作って、それに向かって一緒に投げようと思っています。

明日プレイグループに行ってる間に、風船と油性マジックを買って来なくては!

さて肝心のお豆ですが、インドネシアは実にお豆がイッパイあるんですね。

大豆もあるしピーナッツもある。どちらも国内で作っています。

ちょうど先日、Ibu(お母さん)に小袋に入ったお豆のおやつを貰ったのですが、

それがまぁ、節分の頃になるとお店に並ぶ味付きの大豆にそっくりで!

今日kominにどこに売ってるのかを聞いたらパサールとのこと。

パサールの中のどのお店なのかわからないので、

20袋買ってきてもらうようにお願いしました。

「節分」をどうやってkominに説明したらいいのか。。。

私の口から出てきた英語が、

3 February is “throw the beans day” in Japan.

でした。笑

豆まき=throw the beans

って、そのままやんけ!

もう、それを聞いたkominの表情ったらポカーンですよ。

3 February is end of year in Japan.

We throw the beans to monster in house.

で、なんとなく伝わったようです。笑

昔の暦で、という説明がわからなくて、

でもこっちでは春節(中国のNew year)も身近にあるので、

「Oh! New year!」って理解してくれました。

(日本にとってのNew yearなのかっていうツッコミは受け付けてません)

もっと英語力があれば、そして冷静になれる自分がいれば、

Monster is not real, It lives in my own.

For example, angry monster, crying monster, not kindness monster…

The reason throwing the beans is going out bat things and coming in happy.

とか言えたら良かったなーと、、、ね。

こういうとっさの英語での会話の時、

笑っちゃうくらい言葉が出てこないんですよ。

でも冷静になって振り返ると大体の文章を作れるんです。

そういう時、 リーディングとライティングばっかり勉強してきた日本人だなーとつくづく思います。

圧倒的にスピーキング量の少なさですね。。。

まぁそんなわけで、明日は豆まきをします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする