ドタバタ一時帰国の旅 こころ大揺れスッタモンダの巻1

気がつけばバリに戻ってきていました。笑

極寒の札幌からあったか〜いバリ島へ。

はぁ身体中がホッとしております。

今回、年末年始もあって親戚周りもしてきましたが、

まぁまぁその時にスッタモンダがありまして。

今日はそんな話をシリーズ化してお届けします。

何があったって、親戚一同から集中砲火に遭いました。笑

何って「旦那子どもを置いてバリに行くなんてどういうことだ!」と。

「えー!いまさらーーー!!!」なんですけれども、笑。

(世間一般の常識とやらから比べれば、我が家のスタイルは異常なんで、
やんや言うのはわからないでもないのですが。)

小学3年生の娘が母親と離れ、仕事をする父親と2人暮らしをする。

母親と離れて寂しいに違いない。
仕事しながら子どもの面倒を見るなんて旦那は大変に決まってる。
子どもも旦那も不幸だ。

結論:「子どもに悲しい思いをさせるな!」

言ってることはよくわかります。それくらいの常識は私にも持ち合わせております。

でもね、夫との間では結論が出ていたんです。

外から見たら不幸に見える事象も、私たちにとっては最善であり幸せに続く今なんだ、と。

「子供が寂しい思いをしてる」

「旦那は仕方なくこの状況を受け入れている」

というのは、彼らの想像であり、過去の経験からくる思い込み。

話を聞きながら、あぁ今私が怒られているのは、

ぜーんぶおじさんの中にあるモノをぶつけられてるだけだよなーと、

まぁ正論で反発したところで全く道は開けませんから、

言いたいことを言い切るまで黙って聞いておりましたが。

数年前の私なら、激情して反論して喧嘩になっていたかもしれません。

もしくは一切の交流をやめてしまうか。

でも冷静に俯瞰していました。

頭の中で一つ一つを区別しながら整理して。

そんな頭の中のことを次に書きたいと思います。

もしかしたら、家族とのぶつかり合いで困っている人、

いつも喧嘩になっちゃう人にとってヒントがあるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする