良い母親になれないと落ち込んでいるあなたへ

いつも笑顔で、

きれいな言葉を使い、

優しく気持ちを受け止めて、

ゆっくりと落ち着いて言い聞かせる。

声を荒げることなどせず、

一方的に押し付けることなく、

まして手をあげることなどしない。

大人にとって困るような行動も、

全て成長に大切な過程だと、

大きな心で受け止める。

世の中に広がっている、そんな「正しい」母親像。

険しい表情で、

イライラと怒鳴り、

あんたが悪いとバッサリ切り捨て、

抑えることなど出来ずに叱りつける。

衝動的に大きな声も出れば、

有無を言わさずジャッジするし、

とっさに手が出る時だってある。

大人が困るようなことをすれば、

どうして今なのかとガックリ肩を落とし、

ブツブツ文句を言いながら後始末をする。

そんな私じゃいけませんか?

そんな「間違った」母親は一瞬たりとも出てきてはいけませんか?

あまりに正しさを求めすぎて、

あまりに理想を追い求めすぎて、

そうじゃない自分を責め、

そうじゃない自分を認めずに、

常に自分をジャッジしている。

子育てって、

幸せで、愛おしくて、温かくて、

涙が出るほど嬉しかったりするのと同じくらい、

怒り、傷つけあい、憎しみあって、

涙が出るほど悲しいものでもあるんだよ。

自分が「正しい」母親じゃないから、

自分が「間違った」母親だから、

愛しい我が子にイライラしたり、

大切なのに傷付けたりするんじゃない。

嬉しいことも、悲しいことも、

楽しいことも、腹が立つことも、

全部セットになってるんだ。

だから、

子どもと向き合う中で、

イライラする時間があることを受け入れる覚悟。

ガックリ肩を落とす時間があることを受け入れる覚悟。

泣き叫びたいほどに傷つく時があることを受け入れる覚悟。

ただ、それだけ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする