日本から持って来ればよかった!なもの@バリ島

前回に続き、

今度は「持ってくればよかったー!」なものの紹介。

1、フェイス用カミソリ

こちらではT字のカミソリは、男性用女性用ともに色々売っていますが、

フェイス用のI字のタイプがなかなか売っていません!

電動のシェーバーやカミソリは、預け荷物の中に入れて持参するのをお勧めします。

ビザ申請で訪れたシンガポールで購入して帰ろうと思ったら、

手荷物だけでのフライトだったために断念した、という過去も。。。

2、フライパン&蓋

こちらのフライパンは日本の3倍くらいと高級品。

キッチンに備え付けのところも多いですが、

もしも無い場合は自分で購入しなくてはいけません。

ついつい「日本だったら1000円以下で買えるのに〜」とためらってしまいます。

同じくフライパン用の蓋も見つからない!

日本でよく見るいろんなサイズのお鍋に使える蓋、

あれ、すごい発明です!!!さすがはNIPPON!!!

3、まな板

プラスチック製品がやたらと高いこちら。

日本でよく売っている白いまな板が、800円とかするから驚き!

100円ショップでありそうな薄手のまな板でさえ300円以上するので、

自炊予定がある方、荷物に余裕があるならば1枚あると便利です。

4、パソコンリュック

バリでの移動は主にバイク。

道路もガタガタだったり、ちょっと田舎に行くと砂利道の所もあります。

風呂敷に包んでバイクのフックに掛けて持ち運ぶには衝撃が心配なところ。

雨も多く、降る時にはスコールのように降るバリでは、

やはりリュックに入れて持ち運ぶにがベストだなーと実感。

防水加工のパソコンリュック、次回の帰国時に探してこようと思います。

5、薄手のパーカー

南国でパーカー?と疑問に思う人も多いかもしれませんが、

こちらは日差し対策で長袖を着てバイクに乗ります。

信号待ちや、渋滞でジリジリ照りつける日差しは本当に辛い!

ウインドブレーカーは持ってきたのですが、

さすがに風を通さないのは暑くて暑くて大変です。

こちらでもパーカーは売ってるのですが、

やはりデザインや縫製など、日本製にはかないません。

6、保冷剤&保冷バック

これは長期で滞在するようになって実感しているもの。

ホームセンターなどでも売っていますが、びっくりするくらい高い!

そして種類も少ないのです。

こういうところでも日本の素晴らしさを実感中です。

*****

続いては持って来ればよかったー!なものたち。

この中でもカミソリだけはお友達に持ってきてもらいました。

日本の技術力の高さ、痒い所に手が届く感じ、

そしてそれが安くどこでも手に入ること、

そんな当たり前だと思っていたことを改めて有り難いなぁと感じる日々です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする