2つのワクワクの正体

前にこんなことを書きました。

好きなことをするって、そもそも好きなことがわからない

「ワクワクを選んで生きる」

これまたトレンドのキーワード。

私もワクワクを選択するっていうのは意識をしています。

で、このワクワクってやつ。

私が思うに、2種類いるんじゃないかと。

6808161406_d38a36ce37_z

一つは、

心がワクワクする

もう一つは、

頭がワクワクする

その瞬間どっちでワクワクしてるのかは、

結構わかりづらい代物です。

じゃあこの違いって何?と言うと、たった一つ。

体が動くか、動かないか。

心がワクワクしたら(瞬時に思考が働きだして)体が動く。

頭がワクワクしたら、その後の行動が伴ってこない、もしくはモチベーションが下がる。

bord

私の心にアクセスして、

ただただ素直に「ワクワク」を感じられたら、

頭が勝手に「どうしたら実現できるのか」を考え始めて、

瞬時に行動に移し始めるのです。

例えるならば、

デスクトップの画面はワクワクでいっぱいで、

バックグラウンドで思考が働いて、次の行動を始めてる。

だから、自分では「ワクワクにフォーカスしてるだけ!」って思ってる。

でも実際は行動に移してる。

だからどんどん現実が変化する

6687056323_bea7b34dfa_z

でも、

「ワクワクで選んでいるのに、全然お金が巡ってきません」

「ワクワクで生きてるのに、なんかわかんないけどうまくいきません」

っていう時、

もしかしたら、

頭でワクワクしてるのかもしれません。

これを詳しく説明すると、

「今の現状が嫌だから、良くなるためにワクワクする」

「ワクワク」さえしてれば「勝手に」うまくいくと願っている。

見えない未来に「夢と希望」を見ているのか、

見えない未来に「不安と恐れ」を見ているのか。

そんな違いとも言えます。

34H

この心でワクワクすることを感じるのも、

やっぱり人それぞれ段階があると思う。

ただ、今の自分に合うやり方を、

自分自身の中に見つけていく。

ただそれだけ。

ワクワクすることがわからない人はこちらもどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする