生きること

浄化の島とも言われるバリ島は、

ここにいるだけで余計なものがどんどん削ぎ落とされていく。

IMG_0477

移住だけではない。

海外旅行でもそうだけれど、

異国の地でいつもと違う空間に身を置くと、

人というのはルーティーンに抑え込まれていた「何か」が目を覚ますように思う。

それは、

「私とは何者か」であったり、

「心から望むものとは」であったり、

「人生とは」であったりと様々だ。

私がここで向き合っていたもの。

それは「私の本心」。

夫婦間の問題や、娘との親子関係、お金のこと、仕事のこと、

いろんなことを見つめて行った時に、

全ての問題を解決する絶対的なものを見つけてしまった。

それは2つ。

「頑張るのをやめる」

「嘘をつかない」

***

私はこっちに来てこの2つを徹底的に実践してきた。

頑張ればどうにかできるようなことを、あえてやらない。

やりたくないと思うものを、努力でなんとかするのをやめる。

〜あるべき、〜するべきと言う、自分の本心と真逆の行動を、

頑張って自分に強いるのを徹底的に排除した。

やり始めてすぐには結果は出ない。

むしろ今までの不自然なやり方でバランスが取れていたのだから、

変えた途端に不協和音が奏でられるのは想定内だった。

これが娘とのぶつかり合いでもある。

それでも少しづつ少しづつ変化をしていく。

1日や2日でころっと変わることなどないけれど、

それでも少しづつ変わる。変われると信じられる。

***

自分があるがままになった時。

それは、自然と調和した時とも言える。

木や、草や、花、鳥たちが、自分は何者であるかなど考えてもいないだろう。

私たちも自然の一部なんだ。

そうやって、頑張ることをせず、嘘もつかず、

ただただあるがままに戻った時。

全ては在るべきように整い始めるんだ。

***

頑張らない。

嘘をつかない。

知っていたけど、やっとわかった。

人生はとてもシンプルだ。

IMG_1002

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする