初期設定のアップデート

「1人目はいい子なのに、2人目は話聴かなくて大変!」

「下の子は何やっても可愛いのに、上の子は可愛いと思えない」

同じように産み育てたつもりの我が子。

子どもが1人の時なら気がつかなかったけれど、

2人、3人と増えるたびに気付いてしまうそんな感情。

決して比較したいわけじゃないのに!

子どもたちはみんな同じように大切なのに!

無意識に比べちゃう私って、最低な母親じゃない!?

って思うことありませんか?

7619353866_0f11335817

私、息子が生まれるまでは娘がとっても可愛くて、

もちろん苦しい事もたくさんあったけど、

学んだり、自分と向き合ったりしながら乗り越え、

ただただ大切な娘のために自分を向上させてきました。

そして息子が生まれるとどうなるか。

今まで学んだおかげで、最初っからスムーズに子育てがスタート。

何しても可愛い。困ることが極端に少ない。余裕がある。

あれ?息子、超かわいい!!!!

何これ、何この動き、何この行動、何この発言!

めちゃくちゃ可笑しくて、メチャクチャ可愛いんですけどー!

(あぁ、ダメ息子育成まっしぐらですね。。。)

ふと見ると、未だにどんくさいことしてるでっかい娘。

「そんなこともわからないわけ!?」

「いつまでこんなこと注意されてんのよ!」

「少しは自分の頭で考えなさい!」

「・・・はぁ〜。」

あれ?確か、この小さいの生まれる前は娘がとっても可愛かったんだけどなぁ。

嫌いになったわけじゃ無いはずなのに、どうしてこんなに腹がたつんだろう。。。

なんだか悶々とする毎日。

冷静になれば、娘も可愛い。やっぱり愛おしい。

でも日常の流れの中ではそう思えない自分。

なぜ?

スポンサードリンク

娘の母親になった時の私と、

息子の母親になた時の私。

心の中も、経験値も、価値観も、すべて変化をしている。

◯◯ちゃんのママ

⬜︎⬜︎くんのママ

2児のママ

私にはこの3つの「ママの顔」がある。

もちろんこれが3人いれば3児のママ、

上2人のママ、下2人のママ、上と下2人のママというのもある。

私たち母親は、「ママ(母親)」という役目を日々こなしているけど、

その「ママ」にも実は種類があるんじゃ無いだろうか。

そして1日のうちで度々それらを切り替えながら過ごしている。

DSC_0240

そしてそれぞれの「ママ」は、一番最初の初期設定からアップデートがされにくい。

第一子が生まれた時に設定したマニュアルが、何年もそのままで継続されている。

だから、長女の子育てはいつまでも大変で、

いっぱい手をかけなきゃいけなくて、

心のケアをしないと傷をつけてしまって、

私は常に母親として学び続けていかなくてはいけない、

のだ。

一方息子の場合、

コミュニケーションがスムースにできて、

体の発達について理解しているから成長をみまもれて、

多少の失敗くらいはどうってことなくて、

彼自身が道を選択する力を持っていると信じていられる、

のです。

この初期設定が、大きくなってもずーっと変わらないから、

いや、むしろ変わって欲しくないから、

変わってもらっちゃ困るからこそ、

子どもが増えて母としての経験値が上がったとしても、

アップデートもせずにいつまでも長女には・・・となるんじゃないか?

そんなことを、バリ生活のすったもんだの中で気がついてしまった。

なんと私はダサいのか!!!

イライラすると言いながら、その現実を望み選んだのは私だったのだ。

気がついたら、決めるだけ。

娘には自分の歩む道を選択する力がある、

娘は困難も自分の力で乗り越えていける、

困った時には自分から助けを求めることができる、

失敗をしてもそこから学び、自らの肥やしとしていける、

私の愛は彼女の心や体にしっかりと届いている、

私はそんな彼女を信じて見守ることができる。

アップデート完了。

あとは揺り戻しに負けないよう、私自身を信じていこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする