海外オムツ事情

小さな子どもを海外で子育てしていく上で心配なことは色々あります。

日本では当たり前に手に入るものも、海外では見つからなかったり高額なこともしばしば。

今回は乳幼児ママにとって大事なオムツの話。


バリにもスーパーでは普通にオムツが売っています。
日本でもお馴染みのマミーポコもありました。

写真は特売で安かった&キティーちゃんが可愛くて購入したsweetyという商品。


息子はタイミングを見て連れて行けば、トイレでウンチもオシッコも出来るのですが、

外出先ではなかなかトイレに行けない状況も多いので紙パンツを使用中。
日本製品と何が違うかというと、ズバリおしっこサインが無い!

濡れると色が変わるというアレです。

あとは使用後にピッと留めるお尻側のテープもありません。
サイドから切れるようになってるのは日本と同じですが、切れ味が少々悪い。

おもいきり引きちぎる、というニュアンスの方が合っているような。。。笑
お値段は20枚で50000Rpくらい。

日本円だと450〜500円くらいでしょうか。

日本とそんなに変わらないですね。
ただ日本のように売ってる場所が至る所にあるわけでは無いので、

そういう意味では貴重品かもしれないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする