子どもらしさを受け入れられない理由

子どもと向き合っていると、

こちらの手を煩わせたり、困らせたりする行動を、

どうしても許せなくなることありませんか?

bord

例えば、

どんどん遊びが変化して、さっきまで使っていたおもちゃを出しっぱなしにする、

危ないと注意をしても聞き入れず、結局ケガをしたり物を壊す、

時間が無い時に限ってどうでもいい事を始める、

などなど。。。

イライラしますよね。

そしてよくあるシュチュエーションでもあります。

これがよその子だと、特に自分の子どもより小さい子の場合だと、

「ふふふ、こんなものよね~可笑しいわぁ~」

なんて笑う余裕すらあったりするんですけれどね。

それがどうして我が子だと一気にイライラスイッチON!

「なんでこんなことするの!!!」

と怒鳴っちゃう、アルアル。

さぁ、では、「なんで」子どもはこんなことするんでしょう。

子どもたちの口からその理由を聴いたお母さんは居るでしょうか?

それはズバリ「やりたいから」。

そう!理由など無いのです!!!!!

ただ、ただそれがやりたいから!それが唯一の理由!

理由を知ると猛烈にイライラしますね。

「何だよそれ!」「もっと頭使え!」「考えればわかるだろ!」

そんな心の声が聴こえてきます。。。

でも、これが子どもなのです。

やりたいからやる。気になるからやる。ただそれだけ。

それが大人になると、何か「理由」が必要になってくる。

相手が、みんなが、納得してくれる「理由」が。

けれど心の奥ではわかっている。

私も理由は「やりたいから」だという事を。

それでは世間的に許されないから、あれこれ思考を使って理由付けをして、

誰からも批判されないように、もっともらしい理由を作って、

それで自分自身さえも誤魔化して生きている。

だから「やりたいから」という理由で、

周りの目を気にせずに行動できる子どもが羨ましくてたまらない。

勘違いしないで。

誰もあなたの行動を制限できる人などいない。

あなたが、あなたに、「やりたいから」を許可するだけ。

何も話が無くても電話していいし、

何も用事がなくても逢いに行っていいし、

実用的じゃないものを買ってもいいんだ。

子どもの頃のように、

目の前にいるこの子のように、

「やりたいから」という理由を大切にしても良いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする