やり尽くす、トコトンこだわる、感じ切る

SNSフォローボタン

手放すっていうワードが、

とっても羨ましく、多くの人が求めるものであるように見える。

手放したい!と思ううちは、まだまだその時ではなくて。

勝手に手放されるものだと私は実感としてある。

だからその時が来るまで、

トコトンこだわり尽くせば良いし、

思いっきりやり尽くしたら良いし、

ドーンと浸って感じ切れば良い。

私で言えば。

長年作り続けてきた洋菓子を辞めて、

材料にこだわったヴィーガンおやつを作り始め、

「最高!美味しい!大好き!」とこころもからだも喜んでいたけれど、

作り始めて5年以上経った今、実はもう全く執着してないのです。

私自身、普通のケーキとヴィーガンケーキが並んでいたら、

迷わずバターもクリームも使った普通のケーキを選ぶし、

2歳の息子にも既に食べさせてます。

けれど全く罪悪感はなし。

何故って?

私がヴィーガンおやつを作り始めたのは、娘のアトピーがあったから。

娘が小さなころは、アレルギー対応の美味しいケーキが作れなかったから。

その想いが根底にあって始めたけれど、

とっくのとうに娘のアレルギーは解除になっていたけれど、

それでも作り続けていたのは、私がやりたかったからであり、

私の心が満足するまで突き詰めたからスッパリと手放された。

だから、娘が普通のケーキが食べられるようになってもこだわっていたし、

息子がまだ2歳なのに普通のケーキを躊躇なく食べさせることが出来る。

「罪悪感」が残るうちは、まだまだこころに残っている。

だからお腹いっぱいになるまでやり尽くそう。

良いとか悪いとか、そんなもの無い。

それぞれ必要な事だから、

安心してこだわって。

安心してそこに浸りきって。

お金がなくて不安なら、とことん不安になればいい。

こどもに向き合えないのが嫌なら、出来ない自分にとことん絶望すればいい。

アイツが嫌いなら、思いっきり嫌えばいい。

そこに罪悪感をのせるからこじれるんだ。

感情に良いも悪いも無いのだから。感じるのは自由。

それくらいの自由を許可せずに、他にどんな自由があるっていうのか。

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加