怒りとイヤイヤ

SNSフォローボタン

子どもと過ごしていると、

自分でもビックリするくらい、急に怒りのスイッチが入ることがあります。

まるでもう一人の誰かがいるような、

自分の力ではこの感情をどうすることも出来ない感覚。

怒りながら、

「ここまで言う必要ないじゃない」

「どうしてこんな事で怒ってるんだろう」

そんな風に客観的に眺めている自分がいる。

そうしてすべてを吐き出した後に、

泣きべそかいてる我が子を見て、

もしくは理不尽さに不満だらけの我が子を見て、

自分の不甲斐なさにガックリと肩を落とす。。。

余裕がない時に限ってこうなるのはわかってるの!

私、疲れてるのよ!

ブレーキ掛けたくても出し切るまで止められないの!!!

大人なのに。

母親なのに。

***

2歳頃になると始まる、通称「イヤイヤ期」。

自我が芽生え、自分の想いを主張し表現しようとする時期。

自分でやりたい!

でも出来ない!

うまくいかない!

理想と現実の違いにイライラする。

やりたいことと、できないこと。

ダメな事はわかってる、でもやりたい。

自分の想いを伝えたい、うまく伝わらない。

そんなギャップに苦しんで、自分なりに折り合いをつける訓練。

かんしゃく起こしながら、そのうち何に怒っていたのかさえ見失う。

でもその時は怒りたかったんだ。

折り合い付けるために必要なプロセスなんだ。

***

なんだかどっちも似ていると思うのは私だけでしょうか。

「どうして怒っちゃうのか?」

そんな問いかけは野暮なのかもしれません。

だってそれは、

「怒りたいから」

だから。

決して、我が子が困らせるような事をしたからじゃなく、

それはあくまでキッカケで、正直何でも良かったのかもしれません。

だって、私は「怒りたかった」んだもの。

こころの折り合いがつかなくて怒るのは子ども。

こころの折り合いがつかなくても我慢するのが大人。

でも、我慢すればいつかは爆発します。

プレートのひずみが巨大地震となって跳ね返るように。

大人だから?

母親だから?

その前に、あなたはあなた。

あなたには、

嫌なことを嫌だと言うことも、

やりたくないことをやらないことも、

休みたい時に休むことも、

誰かに助けて欲しい時に助けて欲しいとお願いすることも、

全て許されています。

この世の中でそれを許していないのは、

もしかしたらあなた自身なのかもしれません。

イヤイヤ期の子どもを見守るように、

懸命にこころの折り合いを付ける自分をやさしく見守れたなら。

あなたが我が子にしてあげたいと想うこと、

それは私がして欲しいことなのです。

いいね!と思ったらシェアをお願いします♡
公式LINE
ご質問やご相談は公式LINEからどうぞ♡
友だち追加